JavaScript アダプターでの Java の使用

improve this page | report issue

概説

必要な機能を実装するのに JavaScript では不十分な場合や既存の Java クラスがある場合には、JavaScript アダプターの拡張として Java コードを使用することができます。

前提条件: 最初に必ず、JavaScript アダプターチュートリアルをお読みください。

カスタム Java クラスの追加

UsingJavainJS

既存の Java ライブラリーを使用するには、JAR ファイルを依存関係としてプロジェクトに追加します。依存関係の追加方法について詳しくは、Java アダプターおよび JavaScript アダプターの作成チュートリアルの『依存関係』セクションを参照してください。

カスタム Java コードをプロジェクトに追加するには、アダプター・プロジェクトの src/main フォルダーに java という名前のフォルダーを追加して、そこにパッケージを置きます。このチュートリアルのサンプルでは、com.sample.customcode パッケージと Java クラス・ファイル名 Calculator.java を使用します。

重要: パッケージ名の先頭は comorg、または net でなければなりません。

Java クラスにメソッドを追加します。
静的メソッドの例 (新規インスタンスを必要としません) とインスタンス・メソッドの例を以下に示します。

public class Calculator {
// Add two integers.
  public static int addTwoIntegers(int first, int second){
    return first + second;
  }

  // Subtract two integers.
  public int subtractTwoIntegers(int first, int second){
    return first - second;
  }
}

アダプターからのカスタム Java クラスの呼び出し

カスタム Java コードを作成して必要な JAR ファイルを追加すると、そのファイルを JavaScript コードから呼び出すことができます。

  • 静的 Java メソッドを次のようにして呼び出し、完全クラス名を使用して直接参照します。
function addTwoIntegers(a,b){
    return {
        		result: com.sample.customcode.Calculator.addTwoIntegers(a,b)
};
}
  • インスタンス・メソッドを使用するには、クラス・インスタンスを作成して、そのインスタンスからインスタンス・メソッドを呼び出します。
function subtractTwoIntegers(a,b){
    var calcInstance = new com.sample.customcode.Calculator();   
    return {
        result : calcInstance.subtractTwoIntegers(a,b)
    };
}

サンプル・アダプター

ここをクリック して Maven プロジェクトをダウンロードします。

使用例

テスト時には、アダプターは、例えば [1,2] のような、加算または減算する数値を持つ配列を予期しています。

Last modified on November 15, 2017