MobileFirst Server 鍵ストアの構成

improve this page | report issue

概説

鍵ストアは、ネットワーク・トランザクションの関与者の妥当性を検証および認証するための、セキュリティー鍵および証明書のリポジトリーです。 MobileFirst Server 鍵ストアは、MobileFirst Server インスタンスの ID を定義し、OAuth トークンおよびダイレクト・アップデート・パッケージにデジタル署名するために使用します。 さらに、アダプターが相互 HTTPS (SSL) 認証を使用してバックエンド・サーバーと通信する際も、鍵ストアを使用して MobileFirst Server インスタンスの SSL クライアント ID を検証します。

実動レベルのセキュリティーのために、開発から実動への移行時に、管理者は、ユーザー定義の鍵ストアを使用するように MobileFirst Server を構成する必要があります。 デフォルトの MobileFirst Server 鍵ストアは、開発中にのみ使用するためのものです。

  • 鍵ストアを使用してダイレクト・アップデート・パッケージの認証性を検証するには、鍵ストアで定義された MobileFirst Server ID の公開鍵にアプリケーションを静的にバインドします。 クライアント・サイドでのセキュア・ダイレクト・アップデートの実装を参照してください。
  • 実動後の MobileFirst Server 鍵ストアの再構成については、慎重な検討が必要です。 構成の変更により、以下の影響が考えられます。
    • クライアントが、以前の鍵ストアで署名されたトークンの代わりに、新しい OAuth トークンを取得することが必要になる場合があります。 ほとんどの場合、このプロセスはアプリケーションでは認識されません。
    • クライアント・アプリケーションが、新しい鍵ストア構成の MobileFirst Server ID に一致しない公開鍵にバインドされている場合、ダイレクト・アップデートは失敗します。 更新を引き続き取得するには、アプリケーションをその新しい公開鍵にバインドし、アプリケーションをリパブリッシュする必要があります。 あるいは、アプリケーションがバインドされている公開鍵に一致するように、鍵ストア構成を再度変更します。 クライアント・サイドでのセキュア・ダイレクト・アップデートの実装を参照してください。
    • 相互 SSL 認証について、アダプターで構成されている SSL クライアント ID の別名とパスワードが新しい鍵ストアにない場合、またはそれらが SSL 証明書に一致しない場合、SSL 認証は失敗します。 以下の手順のステップ 2 でアダプター構成情報を参照してください。

セットアップ

  1. MobileFirst Server の ID を定義した鍵ペアを含む Java 鍵ストア (JKS) ファイルまたは PKCS 12 鍵ストア・ファイルを別名で作成します。 該当の鍵ストア・ファイルが既にある場合は、次のステップにスキップします。

    注: この別名による鍵ペアのアルゴリズムのタイプは、RSA でなければなりません。 以下の説明は、keytool ユーティリティーを使用する場合に、アルゴリズムのタイプを RSA に設定する方法を示しています。

    鍵ストア・ファイルの作成には、サード・パーティー・ツールを使用できます。 例えば、以下のコマンドで Java keytool ユーティリティーを実行することで、JKS 鍵ストア・ファイルを生成できます (ここで、<keystore name> は鍵ストアの名前、<alias name> は選択した別名です)。

    keytool -keystore <keystore name> -genkey -alias <alias name> -keylag RSA
    

    以下のサンプル・コマンドでは、my_alias という別名で JKS ファイル my_company.keystore を生成します。

    keytool -keystore my_company.keystore -genkey -alias my_alias -keyalg RSA
    

    ユーティリティーによって、鍵ストア・ファイルと別名のパスワードなど、さまざまな入力パラメーターの指定が求められます。

    注: 必ず -keyalg RSA オプションを設定して、生成後の鍵アルゴリズムのタイプを、デフォルトの DSA ではなく RSA に設定してください。

    アダプターとバックエンド・サーバーの間の相互 SSL 認証に鍵ストアを使用するには、Mobile Foundation SSL クライアント ID の別名も鍵ストアに追加します。 これを行うは、MobileFirst Server ID の別名で鍵ストア・ファイルを作成する場合と同じ方法を使用できますが、代わりに、SSL クライアント ID の別名とパスワードを指定します。

  2. 鍵ストアを使用するように MobileFirst Server を構成します。 次の手順に従って、鍵ストアを使用するように MobileFirst Server を構成します。

    • JavaScript アダプター MobileFirst Operations Console ナビゲーション・サイドバーで、「ランタイム設定」を選択し、次に「鍵ストア」タブを選択します。 このタブの手順に従って、ユーザー定義の MobileFirst Server 鍵ストアを構成します。 このステップでは、鍵ストア・ファイルをアップロードし、そのタイプを指示して、 鍵ストア・パスワード、MobileFirst Server ID 別名の名前、および別名パスワードを指定します。 正常に構成されると、「状況」「ユーザー定義」に変わり、それ以外の場合はエラーが表示され、状況は「デフォルト」のままになります。 SSL クライアント ID 別名 (使用された場合) とそのパスワードは、<connectionPolicy> エレメントの <sslCertificateAlias> サブエレメントおよび <sslCertificatePassword> サブエレメント内で、関連アダプターの記述子ファイルに構成されます。 HTTP アダプター connectionPolicy エレメントを参照してください。

    • Java アダプター Java アダプターの相互 SSL 認証を構成するには、サーバーの鍵ストアを更新する必要があります。 これは、以下の手順に従って行うことができます。

      • 鍵ストア・ファイルを <ServerInstallation>/mfp-server/usr/servers/mfp/resources/security にコピーします。

      • server.xml ファイル <ServerInstallation>/mfp-server/usr/servers/mfp/server.xml を編集します。

      • 適切なファイル名、パスワード、およびタイプを使用して、鍵ストア構成を更新します。 <keyStore id=“defaultKeyStore” location=<Keystore name> password=<Keystore password> type=<Keystore type> />

IBM Cloud 上の Mobile Foundation サービス使用してデプロイする場合は、サーバーをデプロイする前に、「詳細設定」の下の鍵ストア・ファイルをアップロードできます。

Last modified on March 15, 2018