プッシュ通知に対する Analytics サポートのセットアップ

improve this page | report issue

概説

プッシュ通知に対する Analytics サポートをセットアップするには、以下の JNDI プロパティーを設定して、Analytics プラグインを初期化および構成する必要があります。Analytics プラグインは、プッシュ通知サービスによって提供されます。これが設定されていない場合、プッシュ通知サービスは、システム・ロガーでイベントを記録するようにデフォルト設定されます。

<jndiEntryjndiName = "imfpush/mfp.push.services.ext.analytics" value = "com.ibm.mfp.push.server.analytics.plugin.AnalyticsPlugin"/>

MobileFirst Analytics プラグインの構成と初期化のために、以下のプロパティーが必要です。ユーザー名とパスワードが、指定されたエンドポイントで分析サービスとの認証を行うために使用されます。

<jndiEntryjndiName = "imfpush/mfp.push.analytics.endpoint" value = "http://<mfpserver:port>/analytics-service/rest/data"/>
<jndiEntryjndiName = "imfpush/mfp.push.analytics.user" value = "<username>"/>
<jndiEntryjndiName = "imfpush/mfp.push.analytics.password" value = "<password>"/>

プッシュ通知サービスからディスパッチされた通知をトラッキングするには、以下のプロパティーを true (これがデフォルト値です) に設定してください。

<jndiEntryjndiName = "mfp.push.analytics.events.notificationDispatch" value = "true"/>

このイベントの送信を無効にするには、プロパティーを false に設定します。

Analytics コンソールでプッシュ通知レポートを表示する方法については、プッシュ通知レポートを参照してください。

プッシュ・サービスに関するこれらの JNDI プロパティーについて詳しくは、MobileFirst Server プッシュ・サービスの JNDI プロパティーのリストを参照してください。 注: IBM Mobile Foundation インストーラーは、これらのプロパティーを作成し、デフォルトにセットアップします。

Last modified on November 15, 2017