拡張アダプターの使用法とマッシュアップ

improve this page | report issue

概説

さまざまなタイプのアダプターの基本的な使用法について説明してきましたが、これらのアダプターを組み合わせると、異なるアダプターを使用して 1 つの処理結果を生成するプロシージャーを作成できることを覚えておくことは重要です。複数のソース (異なる HTTP サーバー、SQL など) を組み合わせることができます。

理論上は、クライアント・サイドから複数の要求を連続的に行うことができ、一方が他方に依存した状態になります。 ただし、サーバー・サイドにこのロジックを作成することで、速度が向上し、よりクリーンになる可能性があります。

ジャンプ先

JavaScript アダプター API

JavaScript アダプターからの JavaScript アダプター・プロシージャーの呼び出し

JavaScript アダプター・プロシージャーを別の JavaScript アダプターから呼び出す場合、MFP.Server.invokeProcedure(invocationData) API を使用します。この API を使用することにより、どの JavaScript アダプター上のプロシージャーも呼び出すことができます。MFP.Server.invokeProcedure(invocationData) は、呼び出されたプロシージャーから取得した結果オブジェクトを返します。

invocationData 関数シグニチャーは次のとおりです。
MFP.Server.invokeProcedure({adapter: [アダプター名], procedure: [プロシージャー名], parameters: [コンマ区切りのパラメーター]})

以下に例を示します。

MFP.Server.invokeProcedure({ adapter : "AcmeBank", procedure : " getTransactions", parameters : [accountId, fromDate, toDate]});

JavaScript アダプターからの Java アダプターの呼び出しはサポートされていません。

Java アダプター API

別のアダプターを呼び出す前に - AdaptersAPI を変数に割り当てる必要があります。

@Context AdaptersAPI adaptersAPI; 

Java アダプターからの Java アダプターの呼び出し

Java アダプターからアダプター・プロシージャーを呼び出す場合、executeAdapterRequest API を使用します。 この呼び出しは HttpResponse オブジェクトを返します。

HttpUriRequest req = new HttpGet(JavaAdapterProcedureURL);
HttpResponse response = adaptersAPI.executeAdapterRequest(req);
JSONObject jsonObj = adaptersAPI.getResponseAsJSON(response);

Java アダプターからの JavaScript アダプター・プロシージャーの呼び出し

Java アダプターから JavaScript アダプター・プロシージャーを呼び出す場合、executeAdapterRequest API と createJavascriptAdapterRequest API の両方を使用します。後者の API では、HttpUriRequest を作成し、これをパラメーターとして executeAdapterRequest 呼び出しに渡します。

HttpUriRequest req = adaptersAPI.createJavascriptAdapterRequest(AdapterName, ProcedureName, [parameters]);
org.apache.http.HttpResponse response = adaptersAPI.executeAdapterRequest(req);
JSONObject jsonObj = adaptersAPI.getResponseAsJSON(response);

データ・マッシュアップの例

次の例では、2 つのデータ・ソース、1 つのデータベース表、および Fixer.io (為替レートおよび通貨の変換サービス) をマッシュアップする方法、およびデータ・ストリームを単一のオブジェクトとしてアプリケーションに返す方法を示します。

この例では、2 つのアダプターを使用します。

  • SQL アダプター:
    • 通貨のリストを通貨データベース表から取り出します。
    • 結果には通貨のリストが含まれています。各通貨には、ID、シンボル、および名前があります。例: {3, EUR, Euro}
    • このアダプターには、2 つのパラメーター (更新済みの為替レートを取得するための基本通貨とターゲット通貨) を渡す HTTP アダプターを呼び出すプロシージャーも含まれています。
  • HTTP アダプター:
    • Fixer.io サービスに接続します。
    • SQL アダプターを介してパラメーターとして取得される要求通貨の、更新済みの為替レートを取り出します。

その後、マッシュアップされたデータがアプリケーションに返されて表示されます。

アダプターのマッシュアップ・ダイアグラム

このチュートリアルで提供されるサンプルでは、3 つの異なるマッシュアップ・タイプを使用する以下のシナリオの実装を示します。
それぞれのタイプで、アダプターの名前がやや異なります。
マッシュアップ・タイプとそれに該当するアダプター名のリストは次のとおりです。

シナリオ SQL アダプター名 HTTP アダプター名
JavaScript アダプター → JavaScript アダプター SQLAdapterJS HTTPAdapterJS
Java アダプター → JavaScript アダプター SQLAdapterJava HTTPAdapterJS
Java アダプター → Java アダプター SQLAdapterJava HTTPAdapterJava

マッシュアップのサンプル・フロー

1. 要求された通貨についてバックエンドのエンドポイントへの要求を作成し、該当するデータを取得するプロシージャー/アダプター呼び出しを作成します。

(HTTPAdapterJS アダプター) XML:

<connectivity>
  <connectionPolicy xsi:type="http:HTTPConnectionPolicyType">
    <protocol>http</protocol>
    <domain>api.fixer.io</domain>
    <port>80</port>
    ...
  </connectionPolicy>
</connectivity>

(HTTPAdapterJS アダプター) JavaScript:

function getExchangeRate(fromCurrencySymbol, toCurrencySymbol) {
  var input = {
    method: 'get',
    returnedContentType: 'json',
    path: getPath(fromCurrencySymbol, toCurrencySymbol)
  };

  return MFP.Server.invokeHttp(input);
}

function getPath(from, to) {
  return "/latest?base=" + from + "&symbols=" + to;
}

(HTTPAdapterJava アダプター)

@GET
@Produces("application/json")
public Response get(@QueryParam("fromCurrency") String fromCurrency, @QueryParam("toCurrency") String toCurrency) throws IOException, IllegalStateException, SAXException {
  String path = "/latest?base="+ fromCurrency +"&symbols="+ toCurrency;
  return execute(new HttpGet(path));
}

private Response execute(HttpUriRequest req) throws IOException, IllegalStateException, SAXException {
  HttpResponse RSSResponse = client.execute(host, req);

  InputStream content = RSSResponse.getEntity().getContent();
  if (RSSResponse.getStatusLine().getStatusCode() == HttpStatus.SC_OK){
    responseAsText = IOUtils.toString(content, "UTF-8");
    content.close();
    return Response.ok().entity(responseAsText).build();
  }else{
    content.close();
    return Response.status(RSSResponse.getStatusLine().getStatusCode()).entity(RSSResponse.getStatusLine().getReasonPhrase()).build();
  }
}

2. データベースから通貨レポートをフェッチし、resultSet/JSONArray をアプリケーションに返すプロシージャーを作成します。

(SQLAdapterJS アダプター)

var getCurrenciesListStatement = "SELECT id, symbol, name FROM currencies;";

function getCurrenciesList() {
  var list = MFP.Server.invokeSQLStatement({
    preparedStatement: getCurrenciesListStatement,
    parameters: []
  });
  return list.resultSet;
}

(SQLAdapterJava アダプター)

@GET
@Produces(MediaType.APPLICATION_JSON)
@Path("/getCurrenciesList")
public JSONArray getCurrenciesList() throws SQLException, IOException {
  JSONArray jsonArr = new JSONArray();

  Connection conn = getSQLConnection();
  PreparedStatement getAllCities = conn.prepareStatement("select id, symbol, name from currencies");
  ResultSet rs = getAllCities.executeQuery();
  while (rs.next()) {
    JSONObject jsonObj = new JSONObject();
    jsonObj.put("id", rs.getString("id"));
    jsonObj.put("symbol", rs.getString("symbol"));
    jsonObj.put("name", rs.getString("name"));

    jsonArr.add(jsonObj);
  }
  rs.close();
  conn.close();
  return jsonArr;
}

3. 基本通貨とターゲット通貨を指定して HTTPAdapter プロシージャー (ステップ 1 で作成) を呼び出すプロシージャーを作成します。

(SQLAdapterJS アダプター)

function getExchangeRate(fromId, toId) {
  var base = getCurrencySymbol(fromId);
  var exchangeTo = getCurrencySymbol(toId);
  var ExchangeRate = null;

  if (base == exchangeTo) {
    ExchangeRate = 1;
  } else {
    var fixerExchangeRateJSON = MFP.Server.invokeProcedure({
      adapter: 'HTTPAdapterJS',
      procedure: 'getExchangeRate',
      parameters: [base, exchangeTo]
    });
    ExchangeRate = fixerExchangeRateJSON.rates[exchangeTo];
  }

  return {
    "base": base,
    "target": exchangeTo,
    "exchangeRate": ExchangeRate
  };
}

(SQLAdapterJava アダプター - 別の Java アダプターとのマッシュアップ)

@GET
@Produces(MediaType.APPLICATION_JSON)
@Path("/getExchangeRate_JavaToJava")
public JSONObject getExchangeRate_JavaToJava(@QueryParam("fromCurrencyId") Integer fromCurrencyId, @QueryParam("toCurrencyId") Integer toCurrencyId) throws SQLException, IOException{
  String base = getCurrencySymbol(fromCurrencyId);
  String exchangeTo = getCurrencySymbol(toCurrencyId);
  Double ExchangeRate = null;

  if(base.equals(exchangeTo)){
    ExchangeRate = 1.0;
  }
  else{
    String getFixerIOInfoProcedureURL = "/HTTPAdapterJava?fromCurrency="+ URLEncoder.encode(base, "UTF-8") +"&toCurrency="+ URLEncoder.encode(exchangeTo, "UTF-8");
    HttpUriRequest req = new HttpGet(getFixerIOInfoProcedureURL);
    HttpResponse response = adaptersAPI.executeAdapterRequest(req);
    JSONObject jsonExchangeRate = adaptersAPI.getResponseAsJSON(response);
    JSONObject rates = (JSONObject)jsonExchangeRate.get("rates");
    ExchangeRate = (Double) rates.get(exchangeTo);
  }

  JSONObject jsonObj = new JSONObject();
  jsonObj.put("base", base);
  jsonObj.put("target", exchangeTo);
  jsonObj.put("exchangeRate", ExchangeRate);

  return jsonObj;
}

(SQLAdapterJava アダプター - JavaScript アダプターとのマッシュアップ)

@GET
@Produces(MediaType.APPLICATION_JSON)
@Path("/getExchangeRate_JavaToJS")
public JSONObject getExchangeRate_JavaToJS(@QueryParam("fromCurrencyId") Integer fromCurrencyId, @QueryParam("toCurrencyId") Integer toCurrencyId) throws SQLException, IOException{
  String base = getCurrencySymbol(fromCurrencyId);
  String exchangeTo = getCurrencySymbol(toCurrencyId);
  Double ExchangeRate = null;

  if(base.equals(exchangeTo)){
    ExchangeRate = 1.0;
  }
  else{
    HttpUriRequest req = adaptersAPI.createJavascriptAdapterRequest("HTTPAdapterJS", "getExchangeRate", URLEncoder.encode(base, "UTF-8"), URLEncoder.encode(exchangeTo, "UTF-8"));
    org.apache.http.HttpResponse response = adaptersAPI.executeAdapterRequest(req);
    JSONObject jsonExchangeRate = adaptersAPI.getResponseAsJSON(response);
    JSONObject rates = (JSONObject)jsonExchangeRate.get("rates");
    ExchangeRate = (Double) rates.get(exchangeTo);
  }

  JSONObject jsonObj = new JSONObject();
  jsonObj.put("base", base);
  jsonObj.put("target", exchangeTo);
  jsonObj.put("exchangeRate", ExchangeRate);

  return jsonObj;
}

サンプル・アプリケーション

サンプル・アプリケーション

ここをクリック して Cordova プロジェクトをダウンロードします。

注: サンプル・アプリケーションのクライアント・サイドは Cordova アプリケーション用ですが、アダプターのサーバー・サイド・コードはすべてのプラットフォームに適用されます。

使用例

アダプターのセットアップ

SQL の通貨リストの例は、Utils/mobilefirstTraining.sql の提供されているアダプター Maven プロジェクト (Cordova プロジェクトの中にあります) で使用できます。

  1. SQL データベースで .sql スクリプトを実行します。
  2. Maven、MobileFirst CLI、または任意の IDE を使用して、アダプターのビルドとデプロイを行います。
  3. MobileFirst Operations Consoleを開きます。
    • SQLAdapterJS アダプターをクリックし、データベース接続プロパティーを更新します。
    • SQLAdapterJava アダプターをクリックし、データベース接続プロパティーを更新します。

アプリケーションのセットアップ

  1. コマンド・ラインから、CordovaApp プロジェクトのルート・フォルダーにナビゲートします。
  2. cordova platform add コマンドを実行して、プラットフォームを追加します。
  3. mfpdev app register コマンドを実行して、アプリケーションを登録します。
  4. cordova run コマンドを実行して、Cordova アプリケーションを実行します。
Last modified on October 05, 2017