カスタム・グラフの作成

improve this page | report issue

概説

カスタム・グラフを使用すると、分析データ・ストア内の収集した分析データを、MobileFirst Analytics Consoleでデフォルトでは使用できないグラフで視覚化できます。この視覚化フィーチャーは、ビジネスに不可欠なデータを分析するためのパワフルな手段です。

使用可能なカスタム・グラフ・タイプ: 「アプリケーション・セッション」「ネットワーク・トランザクション」「プッシュ通知」「クライアント・ログ」「サーバー・ログ」「カスタム・データ」

ジャンプ先

カスタム・グラフの作成

MobileFirst Analytics Consoleの「ダッシュボード」パネルから、カスタム・グラフ作成ビルダーで以下の 4 つの主な段階で設定を行っていきます。

1. 「一般設定」

「カスタム・グラフ」タブで「グラフの作成」ボタンをクリックします。

「一般設定」タブで、「グラフ・タイトル」、「イベント・タイプ」、および「グラフ・タイプ」を選択します。
「イベント・タイプ」と「グラフ・タイプ」を選択すると、「グラフの定義」タブが表示されます。

2. 「グラフの定義」タブ

「グラフの定義」タブを使用して、以前に選択したグラフ・タイプのグラフを定義します。グラフを定義したら、グラフのフィルターとグラフのプロパティーを設定できます。

3. 「グラフのフィルター」タブ

「グラフのフィルター」は、カスタム・グラフを細かく調整するために使用します。グラフには、複数のフィルターを定義できます。
例えば、特定アプリケーションの平均アプリケーション・セッション所要時間を表示したい場合は、以下のオプションを指定できます。

  1. 「プロパティー」「アプリケーション名」を選択します。
  2. 「演算子」には「等しい」を選択します。
  3. 「値」にアプリケーションの名前を選択します。
  4. 「フィルターの追加」をクリックします。

グラフのフィルターの表にアプリケーション名のフィルターが追加されます。

4. 「グラフのプロパティー」

「表」「棒グラフ」、および「折れ線グラフ」のグラフ・タイプについて、グラフのプロパティーがあります。グラフのプロパティーは、データの表示方法を向上させて効果的に視覚化することが目的です。

「表」グラフを作成した場合は、グラフのプロパティーを設定して、表ページ・サイズ、ソート基準フィールド、フィールドのソート順序を定義できます。

「棒グラフ」または「折れ線グラフ」 のグラフを作成した場合は、グラフのプロパティーを設定して、しきい値の線にラベル付けし、グラフをモニターする際の参照フレームを追加することができます。

カスタム・グラフの作成

グラフ・タイプ

棒グラフ

棒グラフは、X 軸上で数値データを視覚化できます。棒グラフを定義する場合、まず、「X 軸」の値を選択してください。次の可能な値から選択できます。

  • タイムライン (Timeline) - データをトレンドで表示する場合 (例えば、経時的な平均アプリケーション・セッション所要時間など)、「X 軸」に「タイムライン (Timeline)」を選択します。
  • プロパティー - 特定プロパティーのカウント明細を表示したい場合は、「プロパティー」を選択します。「X 軸」に「プロパティー」を選択すると、「Y 軸」に「合計」が暗黙的に選択されます。例えば、「X 軸」に「プロパティー」を選択し、「プロパティー」に「アプリケーション名」を選択すると、指定したイベント・タイプのカウントが、アプリケーション名ごとの内訳で示されます。

「X 軸」の値を定義したら、「Y 軸」の値を定義できます。「X 軸」に「タイムライン (Timeline)」を選択した場合、「Y 軸」に以下の可能な値を選択できます。

  • 平均 - 指定されたイベント・タイプでの数値プロパティーの平均。
  • 合計 - 指定されたイベント・タイプでのプロパティーの合計カウント。
  • 固有 - 指定されたイベント・タイプでのプロパティーの固有カウント。

グラフの軸を定義したら、「プロパティー」の値を選択してください。

折れ線グラフ

折れ線グラフにより、経時的に特定のメトリックを視覚化できます。このグラフ・タイプは、経時的なトレンドに関してデータを視覚化する場合に役立ちます。折れ線グラフの作成時にまず定義する値は「測定 (Measure)」で、これには以下の値が可能です。

  • 平均 - 指定されたイベント・タイプでの数値プロパティーの平均。
  • 合計 - 指定されたイベント・タイプでのプロパティーの合計カウント。
  • 固有 - 指定されたイベント・タイプでのプロパティーの固有カウント。

測定を定義したら、「プロパティー」の値を選択してください。

フローチャート

フローチャートにより、プロパティー間のフローの明細を視覚化できます。フローチャートには、以下のプロパティーを設定する必要があります。

  • ソース - ダイアグラム内のソース・ノードの値。
  • 宛先 - ダイアグラム内の宛先ノードの値。
  • プロパティー - ソース・ノードまたは宛先ノードのプロパティー値。

フローチャートでは、さまざまなソースから宛先へのフロー (その逆も同様) の密度明細を表示できます。例えば、あるアプリケーションに関するログ重大度の明細を表示する場合は、以下の値を定義できます。

  • 「ソース」に「アプリケーション名」を選択します。
  • 「宛先」に「ログ・レベル」を選択します。
  • 「プロパティー」にアプリケーションの名前を選択します。

メトリック・グループ

メトリック・グループでは、平均値、合計カウント、または固有カウントとして測定された 1 つのメトリックを視覚化できます。メトリック・グループを定義するには、「測定 (Measure)」に可能な値の 1 つを定義する必要があります。

  • 平均 - 指定されたイベント・タイプでの数値プロパティーの平均。
  • 合計 - 指定されたイベント・タイプでのプロパティーの合計カウント。
  • 固有 - 指定されたイベント・タイプでのプロパティーの固有カウント。

測定を定義したら、「プロパティー」の値を選択してください。このメトリックが、メトリック・グループに表示されます。

円グラフ

円グラフでは、特定プロパティーの値のカウント明細を視覚化できます。例えば、異常終了の明細を表示するには、以下の値を定義します。

  • 「イベント・タイプ」に「アプリケーション・セッション (App Session)」を選択します。
  • 「グラフ・タイプ」に「円グラフ」を選択します。
  • 「プロパティー」に「終了者 (Closed By)」を選択します。

生成される円グラフには、異常終了したアプリケーション・セッションと対照して、ユーザーが終了したアプリケーション・セッションの明細が表示されます。

生データを表示する場合には、表が便利です。表を構築するには、表示する生データの列を追加するだけです。
特定のイベント・タイプにすべてのプロパティーが必要とは限らないため、表には NULL 値が出現する可能性があります。これらの行が表に出現しないようにするには、「グラフのフィルター」タブで特定プロパティーに「存在する」のフィルターを追加します。

クライアント・ログのカスタム・グラフの作成

プラットフォームの Logger API で送信されたログ情報が入ったクライアント・ログのカスタム・グラフを作成できます。
ログ情報には、デバイスに関するコンテキスト情報 (環境、アプリケーション名、アプリケーション・バージョンなど) も含まれます。

注: カスタム・グラフのデータを設定するには、カスタム・イベントをログに記録する必要があります。クライアント・アプリケーションからのカスタム・イベントの送信については、『カスタム・データのキャプチャー』を参照してください。

  1. クライアント・アプリケーションから、キャプチャーしたログをサーバーに送信することで、データを設定します。『キャプチャーされたログの送信』を参照してください。
  2. MobileFirst Analytics Consoleで、「カスタム・グラフ」タブをクリックし、以下でグラフの作成を続行します。
    • グラフのタイトル: アプリケーションおよびログ・レベル
    • イベント・タイプ: クライアント・ログ
    • グラフ・タイプ: フローチャート
  3. 「グラフの定義」タブをクリックし、以下の値を入力します。
    • ソース: アプリケーション名
    • 宛先: ログ・レベル
    • プロパティー: 対象のアプリケーション名
  4. 「保存」ボタンをクリックします。

カスタム・グラフ・データのエクスポート

カスタム・グラフに表示されたデータをダウンロードできます。

これらのアイコンを使用したカスタム・グラフ・データのエクスポート

  • URL によるエクスポート (Export with URL) - チェーン・リンクの形のアイコン
  • グラフのダウンロード (Download Chart) - 下矢印の形のアイコン
  • グラフの編集 (Edit Chart) - 鉛筆の形のアイコン
  • グラフの削除 (Delete Chart) - ごみ箱の形のアイコン

「グラフのダウンロード (Download Chart)」アイコンをクリックして、Analytics Console から JSON フォーマットのファイルをダウンロードします。
「URL によるエクスポート (Export with URL)」アイコンをクリックして、HTTP クライアントから呼び出すための Analytics Console からのエクスポート・リンクを生成します。指定された時間間隔でエクスポート・プロセスを自動化するスクリプトを作成する場合に、このオプションが便利です。

カスタム・グラフ定義のエクスポートおよびインポート

Analytics Console 内のカスタム・グラフ定義は、エクスポートおよびインポートが可能です。テスト環境から実動デプロイメントに移行する場合に、新しいクラスター用のカスタム・グラフを再作成するのではなく、カスタム・グラフ定義をエクスポートすることで、時間を節約できます。

  1. Analytics Consoleのダッシュボードで「カスタム・グラフ」タブをクリックします。
  2. 「グラフのエクスポート (Export Charts)」をクリックして、グラフ定義が入った JSON ファイルをダウンロードします。
  3. 場所を選択して JSON ファイルを保存します。
  4. 「グラフのインポート (Import Charts)」をクリックして JSON ファイルをインポートします。既に存在するカスタム・グラフ定義をインポートすると、重複した定義が生成されます。これにより、Analytics Console に、重複したカスタム・グラフが表示されることになります。
Last modified on February 24, 2017