ログ・フィルターの構成

improve this page | report issue

概説

管理者は、MobileFirst Operations Console →「 [ご使用のアプリケーション] 」→「 [バージョン] 」→「ログ・フィルター 」から、MobileFirst クライアント SDK ログのキャプチャーおよびレベルを制御できます。
「ログ・フィルター」を使用して、ログに記録できるフィルター・レベルを作成できます。ログ・レベルは、グローバル (すべてのロガー・インスタンス) に設定することも、特定のパッケージ (複数可) に設定することも可能です。

ログ・フィルターの作成

サーバーで設定された構成オーバーライドをアプリケーションが取り出すには、アプリケーション・ライフサイクル・コールバック内など、定期的に実行されるコード内の場所から updateConfigFromServer メソッドを呼び出す必要があります。

Android

java Logger.updateConfigFromServer();

iOS

objective-c [OCLogger updateConfigFromServer];

Cordova

javascript WL.Logger.updateConfigFromServer();

Web

javascript ibmmfpfanalytics.logger.updateConfigFromServer();

サーバーが返す Logger 構成値は、クライアント・サイドに設定されているすべての値に優先します。クライアント・ログ・プロファイルが削除されている場合、クライアントは、クライアント・ログ・プロファイルの取得を試みても空のペイロードを受け取ります。この場合、Logger 構成は、デフォルトである、クライアントに元々構成されていたものになります。

サーバー・ログの転送

MobileFirst Operations Console を使用して、サーバー管理者はログを維持し、それらのログを MobileFirst Analytics Consoleに送信することもできます。

サーバー・ログを転送するには、「ランタイム設定」画面にナビゲートし、「追加パッケージ」の下のロガー・パッケージを指定します。
その後、収集されたログは Analytics Consoleで表示できます。これは、すべてのサーバー・ログを収集することなく Analytics Consoleでユーザーがアダプター・ログを選別する場合に便利です。

Last modified on October 05, 2017