シナリオ・ローダー

improve this page | report issue

概説

注: シナリオ・ローダーは、その性質上、試験的 であるため、完全にはサポートされていません。状況に応じて使用してください。

  • 一部のグラフには、データは取り込まれません。

シナリオ・ローダーは、IBM MobileFirst Analytics Consoleのさまざまなグラフおよびレポートにダミー・データを取り込みます。そのデータは、Elasticsearch データ・ストアに保管されており、既存のテスト・データまたは実働データから安全に分離されています。

ロードされるデータは、人工的な性質のものであり、データ・ストアに直接注入されます。クライアントやサーバーによって作成された実際の分析データの結果ではありません。このデータの目的は、UI に表示されるさまざまなレポートおよびグラフの性質を理解しやすくすることにあります。したがって、データをテストの目的で使用しないでください。

ジャンプ先

始める前に

シナリオ・ローダーは、MobileFirst Analytics Consoleと一緒にパッケージされています。シナリオ・ローダーに接続する前に、Analytics Consoleが実行されており、アクセス可能であることを確認してください。

シナリオ・ローダーへの接続

  1. シナリオ・ローダーを有効にするには、JVM 引数 -DwlDevEnv=true または環境変数 ANALYTICS_DEBUG=true のいずれかを設定します。

  2. ブラウザーでコンソール URL http://<console-path>/scenarioLoader を使用してシナリオ・ローダーにアクセスします。ここで、<console-path> は、mfp-server/usr/servers/mfp/server.xml ファイルで定義されている JNDI プロパティー値です。例:

    <jndiEntry jndiName="mfp/mfp.analytics.console.url" value='"http://localhost:9080/analytics/console"'/>

  3. 「シナリオ・ローダー (Scenario Loader)」ページが、Analytics Consoleのナビゲーション・バーと一緒に表示されます。シナリオ・ローダーはナビゲーション・バーからはアクセス不能なままです。

データ・ロードの構成

  1. 「テスト構成 (Testing Configuration)」セクションには、生成されたデータの性質 (「基本」タブ) およびボリューム (「キャパシティー・プランニング」タブ) を制御するためのさまざまな設定が用意されています。 十分なデータをロードするために、少なくとも 30 日間の「履歴日数 (Days of history)」を設定するようにしてください。

    これらの設定に関する情報はすべて、「テスト構成 (Testing Configuration)」セクションにあります。

  2. 「管理」アイコン レンチのアイコン をクリックし、「設定」タブを選択します。「詳細設定」セクションで、「デフォルト・テナント」の値が dummy_data_for_demo_purposes_only に設定されていることを確認してください。

データのロードおよび削除

データをロードするには、「シナリオ・オペレーション (Scenario Operations)」セクションで「シナリオのロードを開始 (Start Scenario Loading)」ボタンをクリックします。

データを削除するには、「テスト構成 (Testing Configuration)」セクションで「今すぐ削除 (Delete Now)」ボタンをクリックします。

注: 「シナリオ・オペレーション (Scenario Operations)」セクションで、データ作成および削除についての免責事項をお読みください。

データが取り込まれたグラフおよび表の表示

データがロードされると、Analytics コンソールで使用できる多くの (しかし、すべてではない) グラフおよび表にデータが取り込まれます。

Analytics Consoleのナビゲーション・バーから、さまざまなページおよびタブを確認してデータが取り込まれたグラフおよび表を表示します。

デバッグ・モードの無効化

デバッグ・モードで合成データで作業した後に実データで作業するには、以下のようにします。

  1. 「テスト構成 (Testing Configuration)」セクションで「今すぐ削除 (Delete Now)」ボタンをクリックして、データを削除します。
  2. 「設定」「詳細設定」セクションで、必ず 「デフォルト・テナント」の値を worklight に設定します。
  3. true に設定された変数については、false に設定します (JVM 引数 -DwlDevEnv=false、または環境変数 ANALYTICS_DEBUG=false)。
  4. MobileFirst Analytics Serverを再始動します。
Last modified on April 25, 2017