JSONStore コレクションからのデータの取り出し

improve this page | report issue

React Native 開発環境のセットアップ

React Native 開発用にご使用のマシンをセットアップするには、React Native の『Gettings Started』ページに記載されている手順に従います。

React Native アプリケーションへの JSONStore SDK の追加

React Native 用の JSONStore SDK は、npm から React Native モジュールとして入手可能です。

新規 React Native プロジェクトの開始

  1. 新規 React Native プロジェクトを作成します。
     react-native init MyReactApp
    
  2. MobileFirst SDK をアプリケーションに追加します。
     cd MyReactApp
     npm install react-native-ibm-mobilefirst-jsonstore --save
    
  3. すべてのネイティブ依存関係をアプリケーションにリンクします。
    react-native link
    

JSONStore コレクションからのデータの取り出し

App.js 内で以下のパッケージをインポートする必要があります。

import { JsonStoreCollection, WLJsonStore } from 'react-native-ibm-mobilefirst-jsonstore';

JSONStore コレクションからデータを取り出すためのステップは以下の 2 つです。

  1. コレクションのオープン。コレクションを開くと、そのコレクションと対話できます。
     WLJsonStore.openCollections(['favourites']).then(data => { console.log(data); }).catch(err =>{ console.log(err); });
    
  2. コレクションからのデータの取り出し。コレクションを開いた後で、以下の API を使用してすべてのドキュメントを取り出すことができます。
     var favCollection = new JSONStoreCollection('favourites');
     favCollection.findAllDocuments()
     .then(data => {
     	console.log("Succesfully fetched all documents from collection!"));
     	console.log("Data: " + JSON.stringify(data));
     .catch(err => {
     	console.log("Error while fetching data from collection. Reason : " + err);
     });
    
Last modified on December 18, 2018