IBM Mobile Foundation on IBM Cloud

improve this page | report issue



注: IBM Bluemix は、IBM Cloud になりました。 詳しくは、こちらを参照してください。

概説

IBM Mobile Foundation は IBM Cloud 上でホストできます。 以下に、IBM Cloud に関する基本情報をいくつか示します。

IBM Cloud は、IBM のオープン・クラウド・アーキテクチャーの実装環境です。 Cloud Foundry ベースの IBM Bluemix により、開発者は、利用可能なサービスやランタイム・フレームワークから成る拡大するエコシステムを活用しながら、クラウド・アプリケーションを素早くビルドし、デプロイし、管理することができます。

IBM Cloud のアーキテクチャーおよび IBM Cloud の概念について詳しくは、こちらをご覧ください。

機能の仕組み

簡単に言うと、Mobile Foundation を IBM Cloud で実行する方法には、ライセンス資格の種類によって 2 とおりあります。

注: IBM Containers サービスは現在非推奨になったため、IBM Containers 上の Mobile Foundation はサポートされません。 詳細はこちら

  • IBM Cloud サブスクリプションまたは PayGo ライセンス: IBM Mobile Foundation on IBM Cloud サービス
  • オンプレミス・ライセンス: IBM 提供のスクリプトを使用して、Kubernetes クラスターまたは Liberty for Java ランタイム上に IBM Mobile Foundation インスタンスをセットアップします。

Mobile Foundation を IBM Cloud の Liberty for Java ランタイム上で実行させる場合に使用するコンポーネントは、WebSphere Liberty のインストール済み環境 が含まれた Cloudfoundry アプリケーションで、これに MobileFirst Server インスタンスをデプロイして使用します。

IBM Cloud 上の Kubernetes クラスター

Kubernetes は、コンピュート・マシンのクラスター上にアプリケーション・コンテナーをスケジューリングするためのオーケストレーション・ツールです。 Kubernetes を使用すると、開発者はコンテナーの処理能力や柔軟性を活用して、可用性の高いアプリケーションを短時間で開発できます。 Kubernetes CLI を使用して、Kubernetes クラスターを作成および管理できます。

IBM Cloud 上の Kubernetes クラスターの詳細

[an error occurred while processing the directive]

Liberty for Java ランタイム

Liberty for Java ランタイムには liberty-for-java ビルドパックの機能が採用されています。 liberty-for-java ビルドパックにより、WebSphere Liberty プロファイルの上でアプリケーションを実行させるための完全なランタイム環境が提供されます。 その後、コマンド・ライン・インターフェースを使用して、IBM Cloud 上でアプリケーションを管理します。

Liberty for Java についてもっとよく知る

次に使用するチュートリアル

Last modified on July 17, 2018