IBM Cloud Private 上での MobileFirst Server のセットアップ

improve this page | report issue

概説

下記の説明に従って、IBM Cloud Private 上で MobileFirst Server インスタンスおよび MobileFirst Analytics インスタンスを構成します。

  • IBM Cloud Private Kubernetes クラスターをセットアップします。
  • 必要なツール (Docker、IBM Cloud CLI (bx)、IBM Cloud Private (icp) Plugin for IBM Cloud CLI (bx pr)、Kubernetes CLI (kubectl)、および Helm CLI (helm)) を使用して、ホスト・コンピューターをセットアップします。
  • IBM Cloud Private 用の IBM Mobile Foundation のパスポート・アドバンテージ・アーカイブ (PPA アーカイブ) をダウンロードします。
  • PPA アーカイブを IBM Cloud Private クラスターにロードします。
  • 最後に、MobileFirst Analytics (オプション) および MobileFirst Server を構成し、インストールします。

ジャンプ先:

前提条件

IBM Cloud Private アカウントを取得し、IBM Cloud Private クラスター・インストールの資料に従って Kubernetes クラスターをセットアップしておく必要があります。

コンテナーおよびイメージを管理するために、IBM Cloud Private セットアップの一環として、以下のツールをホスト・マシンにインストールする必要があります。

  • Docker
  • IBM Cloud CLI (bx)
  • IBM Cloud Private (ICP) Plugin for IBM Cloud CLI (bx pr)
  • Kubernetes CLI (kubectl)
  • Helm (helm)

CLI を使用して IBM Cloud Private クラスターにアクセスするために、kubectl クライアントを構成する必要があります。 詳細はこちら

IBM Mobile Foundation パスポート・アドバンテージ・アーカイブのダウンロード

IBM Mobile Foundation のパスポート・アドバンテージ・アーカイブ (PPA) は、ここから入手できます。 Mobile Foundation の PPA アーカイブには、以下の Mobile Foundation コンポーネントの Docker イメージと Helm チャートが含まれます。

  • MobileFirst Server
  • MobileFirst Analytics
  • MobileFirst Application Center

IBM Mobile Foundation パスポート・アドバンテージ・アーカイブのロード

Mobile Foundation の PPA アーカイブをロードする前に、Docker をセットアップする必要があります。 こちらの説明を参照してください。

以下のステップに従って、PPA アーカイブを IBM Cloud Private クラスターにロードします。

  1. IBM Cloud ICP plugin (bx pr) を使用してクラスターにログインします。

    IBM Cloud Private の資料で、CLI コマンド解説書を参照してください。

    以下に例を示します。

     bx pr login -a https://ip:port
    

    オプションで、SSL 検証をスキップする場合は、上記のコマンドでフラグ --skip-ssl-validation を使用します。このオプションを使用すると、クラスター・エンドポイントの usernamepassword の入力を求めるプロンプトが出されます。 ログインに成功したら、以下のステップに進んでください。

  2. 以下のコマンドを使用して、Mobile Foundation の PPA アーカイブをロードします。
     bx pr load-ppa-archive --archive <archive_name> [--clustername <cluster_name>] [--namespace <namespace>]
    

    Mobile Foundation の archive_name は、IBM パスポート・アドバンテージからダウンロードした PPA アーカイブの名前です。

    前のステップに従い、クラスター・エンドポイントを bx pr のデフォルトにした場合、--clustername は無視できます。

  3. PPA アーカイブをロードした後、リポジトリーを同期化します。これにより、カタログ内に確実に Helm チャートがリストされるようになります。 これは、IBM Cloud Private 管理コンソールで行うことができます。
    • 「管理」>「リポジトリー」を選択します。
    • 「リポジトリーの同期化 (Synch Repositories)」をクリックします。
  4. IBM Cloud Private 管理コンソールで、Docker イメージおよび Helm チャートを表示します。 Docker イメージを表示するには、以下のようにします。
    • 「プラットフォーム」>「イメージ」を選択します。
    • Helm チャートが「カタログ」に表示されます。

上記のステップを完了すると、アップロードされたバージョンの Helm チャートが ICP カタログに表示されます。 MobileFirst Server は、ibm-mfpf-server-prod としてリストされ、MobileFirst Analytics は、ibm-mfpf-analytics-prod としてリストされます。

IBM Mobile Foundation Helm チャートのインストールおよび構成

MobileFirst Server をインストールし、構成するには、以下のものが事前に必要になります。

  • [必須] 構成済みで使用可能な DB2 データベース。 MobileFirst Server Helm を構成するには、データベース情報が必要です。 MobileFirst Server には、スキーマと表が必要であり、それらがこのデータベースに作成されます (存在しない場合)。

  • [オプション] 鍵ストアとトラストストアが設定された秘密。 独自の鍵ストアとトラストストアを設定した秘密を作成することにより、独自の鍵ストアとトラストストアをデプロイメントに提供できます。

    インストールの前に、以下のステップを実行してください。

    • keystore.jkskeystore-password.txttruststore.jkstruststore-password.txt を使用して秘密を作成し、秘密の名前を keystores.keystoresSecretName フィールドに指定します。

    • keystore.jks ファイルとそのパスワードを keystore-password.txt というファイル内に保持し、truststore.jks ファイルとそのパスワードを truststore-password.txt というファイル内に保持します。

    • コマンド・ラインに移動し、以下を実行します。
      kubectl create secret generic mfpf-cert-secret --from-file keystore-password.txt --from-file truststore-password.txt --from-file keystore.jks --from-file truststore.jks
      

      注: ファイルの名前は、前述したとおり、keystore.jkskeystore-password.txttruststore.jks、および truststore-password.txt でなければなりません。

    • 秘密の名前を keystoresSecretName に指定して、デフォルトの鍵ストアをオーバーライドします。

    詳しくは、MobileFirst Server 鍵ストアの構成を参照してください。

MobileFirst Analytics の環境変数

以下の表に、IBM Cloud Private 上の MobileFirst Analytics で使用される環境変数を示します。

修飾子 パラメーター 定義 使用可能な値
arch   ワーカー・ノード・アーキテクチャー このチャートのデプロイ先となるワーカー・ノード・アーキテクチャー。
現在、AMD64 プラットフォームのみがサポートされています。
image pullPolicy イメージ・プル・ポリシー デフォルトは IfNotPresent
  tag Docker イメージ・タグ Docker タグの説明を参照
  name Docker イメージ名 Operational Analytics Docker イメージの名前。
scaling replicaCount 作成する必要がある Operational Analytics のインスタンス (ポッド) の数 正整数
デフォルトは 2
mobileFirstAnalyticsConsole user Operational Analytics のユーザー名 デフォルトは admin
  password Operational Analytics のパスワード デフォルトは admin
analyticsConfiguration clusterName Analytics クラスターの名前 デフォルトは mobilefirst
  analyticsDataDirectory Analytics データが保管されるパス。 これは、コンテナー内で永続ボリューム要求がマウントされるパスと同じパスでもあります デフォルトは /analyticsData
  numberOfShards Analytics の Elasticsearch シャードの数 正整数
デフォルトは 2
  replicasPerShard Analytics のシャードごとに維持する Elasticsearch レプリカの数 正整数
デフォルトは 2
keystores keystoresSecretName 鍵ストアとそのパスワードを設定した秘密を作成するステップを説明している、IBM Mobile Foundation Helm チャートのインストールおよび構成を参照してください。  
jndiConfigurations mfpfProperties Operational Analytics をカスタマイズするために指定する JNDI プロパティー 名前値のペアをコンマ区切りで指定します。
resources limits.cpu 許可される CPU の最大量を記述します。 デフォルトは 2000m
Meaning of CPU をお読みください。
  limits.memory 許可されるメモリーの最大量を記述します。 デフォルトは 4096Mi
Meaning of memory をお読みください。
  requests.cpu 必要な CPU の最小量を記述します。指定されない場合、limits が指定されていれば、それがデフォルトになり、そうでなければ実装定義の値がデフォルトになります。 デフォルトは 1000m
  requests.memory 必要なメモリーの最小量を記述します。指定されない場合、メモリー量は、limits が指定されていれば、それがデフォルトになり、そうでなければ実装定義の値がデフォルトになります。 デフォルトは 2048Mi
persistence existingClaimName 既存の永続ボリューム要求 (PVC) の名前  

MobileFirst Server の環境変数

以下の表に、IBM Cloud Private 上の MobileFirst Server で使用される環境変数を示します。

修飾子 パラメーター 定義 使用可能な値
arch   ワーカー・ノード・アーキテクチャー このチャートのデプロイ先となるワーカー・ノード・アーキテクチャー。
現在、AMD64 プラットフォームのみがサポートされています。
image pullPolicy イメージ・プル・ポリシー デフォルトは IfNotPresent
  tag Docker イメージ・タグ Docker タグの説明を参照
  name Docker イメージ名 Server Docker イメージの名前。
scaling replicaCount 作成する必要がある Server のインスタンス (ポッド) の数 正整数
デフォルトは 3
mobileFirstOperationsConsole user サーバーのユーザー名 デフォルトは admin
  password Server のユーザーのパスワード デフォルトは admin
existingDB2Details db2Host Server の表を構成する必要がある DB2 データベースの IP アドレスまたはホスト 現在、DB2 のみがサポートされています。
  db2Port DB2 データベースがセットアップされているポート  
  db2Database DB2 内に事前構成されているデータベースの名前  
  db2Username DB2 データベースにアクセスするための DB2 ユーザー名 ユーザーには、表を作成するための権限と、スキーマがまだ存在しない場合、スキーマを作成するための権限が必要です。
  db2Password 指定されたデータベースの DB2 パスワード  
  db2Schema 作成するサーバー DB2 スキーマ  
  db2ConnectionIsSSL DB2 接続タイプ データベース接続が httphttps のいずれであるかを指定します。デフォルト値は false (http) です。
DB2 ポートも同じ接続モード用に構成されていることを確認してください。
existingMobileFirstAnalytics analyticsEndPoint Analytics Server の URL 例: http://9.9.9.9:30400
コンソールへのパスは指定しないでください。これはデプロイメント時に追加されます。
       
  analyticsAdminUser Analytics 管理ユーザーのユーザー名  
  analyticsAdminPassword Analytics 管理ユーザーのパスワード  
keystores keystoresSecretName 鍵ストアとそのパスワードを設定した秘密を作成するステップを説明している、IBM Mobile Foundation Helm チャートのインストールおよび構成を参照してください。  
jndiConfigurations mfpfProperties デプロイメントをカスタマイズするための Server JNDI プロパティー 名前値のペアをコンマで区切ります。
resources limits.cpu 許可される CPU の最大量を記述します。 デフォルトは 2000m
Meaning of CPU をお読みください。
  limits.memory 許可されるメモリーの最大量を記述します。 デフォルトは 4096Mi
Meaning of memory をお読みください。
  requests.cpu 必要な CPU の最小量を記述します。指定されない場合、limits が指定されていれば、それがデフォルトになり、そうでなければ実装定義の値がデフォルトになります。 デフォルトは 1000m
  requests.memory 必要なメモリーの最小量を記述します。指定されない場合、limits が指定されていれば、それがデフォルトになり、そうでなければ実装定義の値がデフォルトになります。 デフォルトは 2048Mi

ICP カタログからの Helm チャートのインストール

MobileFirst Analytics のインストール

MobileFirst Analytics のインストールはオプションです。 MobileFirst Server での分析を使用可能にする場合は、MobileFirst Server をインストールする前に、まず MobileFirst Analytics を構成してインストールする必要があります。

MobileFirst Analytics チャートのインストールを開始する前に、永続ボリュームを構成します。 MobileFirst Analytics を構成するための永続ボリュームを提供します。 IBM Cloud Private の資料で詳述しているステップに従って、永続ボリュームを作成してください。

以下のステップに従って、IBM Cloud Private 管理コンソールから IBM MobileFirst Analytics をインストールし、構成します。

  1. 管理コンソールで「カタログ」に移動します。
  2. ibm-mfpf-analytics-prod Helm チャートを選択します。
  3. 「構成」をクリックします。
  4. 環境変数を指定します。 詳しくは、MobileFirst Analytics の環境変数を参照してください。
  5. 「ご使用条件 (License Agreement)」に同意します。
  6. 「インストール」をクリックします。

MobileFirst Server のインストール

MobileFirst Server のインストールを開始する前に、DB2 データベースが事前構成されていることを確認してください。

以下のステップに従って、IBM Cloud Private 管理コンソールから IBM MobileFirst Server をインストールし、構成します。

  1. 管理コンソールで「カタログ」に移動します。
  2. ibm-mfpf-server-prod Helm チャートを選択します。
  3. 「構成」をクリックします。
  4. 環境変数を指定します。 詳しくは、MobileFirst Server の環境変数を参照してください。
  5. 「ご使用条件 (License Agreement)」に同意します。
  6. 「インストール」をクリックします。

インストールの検査

MobileFirst Analytics (オプション) および MobileFirst Server のインストールと構成が完了したら、以下を実行することにより、インストール済み環境およびデプロイされたポッドの状況を検査できます。

IBM Cloud Private 管理コンソールで、「ワークロード (Workloads)」>「Helm リリース (Helm Releases)」を選択します。 インストール済み環境のリリース名 をクリックします。

コンソールへのアクセス

インストールが成功したら、<protocol>://<ip_address>:<port>/mfpconsole を使用して、IBM Operations Console にアクセスできます。 IBM MobileFirst Analytics Console には、<protocol>://<ip_address>:<port>/analytics/console を使用してアクセスできます。

プロトコルには、http または https を使用できます。 また、NodePort デプロイメントの場合、ポートは NodePort になることに注意してください。 インストールされた チャートの ip_address および NodePort を取得するには、以下のステップに従ってください。

  1. IBM Cloud Private 管理コンソールで、「ワークロード (Workloads)」>「Helm リリース (Helm Releases)」を選択します。
  2. Helm チャート・インストール済み環境のリリース名 をクリックします。
  3. 「メモ (Notes)」セクションを参照します。

注: ポート 9600 は、Kubernetes サービスで内部的に公開され、 Analytics インスタンスによってトランスポート・ポートとして使用されます。

サンプル・アプリケーション

IBM Cloud Private で実行される IBM MobileFirst Server 上にサンプル・アダプターをデプロイし、サンプル・アプリケーションを実行するには、 チュートリアルを参照してください。

Helm チャートおよびリリースのアップグレード

Helm チャート/リリースをアップグレードする方法については、バンドル製品のアップグレードを参照してください。

Helm リリース・アップグレードのサンプル・シナリオ

  1. values.yaml の値の変更によって Helm リリースをアップグレードするには、--set フラグを指定した helm upgrade コマンドを使用します。 -set フラグは複数回指定できます。 コマンド・ラインで指定された右端のセットの優先順位が最も高くなります。
      helm upgrade --set <name>=<value> --set <name>=<value> <existing-helm-release-name> <path of new helm chart>
    
  2. ファイル内に値を指定して Helm リリースをアップグレードするには、-f フラグを指定した helm upgrade コマンドを使用します。 –values フラグまたは -f フラグは複数回使用できます。 コマンド・ラインで指定された右端のファイルの優先順位が最も高くなります。 以下の例で、myvalues.yamloverride.yaml の両方に Test というキーが含まれている場合、override.yaml に設定された値が優先されます。
      helm upgrade -f myvalues.yaml -f override.yaml <existing-helm-release-name> <path of new helm chart>
    
  3. 最後のリリースの値を再利用し、値の一部をオーバーライドすることによって Helm リリースをアップグレードするには、以下のようなコマンドを使用できます。
      helm upgrade --reuse-values --set <name>=<value> --set <name>=<value> <existing-helm-release-name> <path of new helm chart>
    

アンインストール

MobileFirst Server および MobileFirst Analytics をアンインストールするには、Helm CLI を使用します。 以下のコマンドを使用して、インストールされているチャートおよび関連するデプロイメントを完全に削除します。

helm delete --purge <release_name>

release_name は、デプロイ済みの Helm チャートのリリース名です。

Last modified on July 17, 2018