IBM Cloud Private での MobileFirst ログ・メッセージの分析

improve this page | report issue

概説

IBM Cloud Private のデプロイメントでは、コンソールで JSON 形式のロギングを使用して基になる Liberty を実行すると、ログ・イベントをフィールドに分割して Elasticsearch に保管することができます。Kibana を使用して、ダッシュボードと検索で複数の Liberty ポッドをモニターしたり、照会を使用して大量のログ・レコードをフィルター処理したりできます。

Kubernetes デプロイメントは、コンテナーで構成されるポッドから成ります。IBM Cloud Private では、各ポッドのコンソール出力は、自動的に組み込みのエラスティック・ロギング・スタックに転送されます。エラスティック・ロギングについて詳しくは、IBM Cloud Private ロギングを参照してください。

手順

IBM Cloud Private カタログを参照し、アプリケーションのデプロイに使用する適切な Helm チャートを選択する手順を完了します。

  1. Helm チャートで JSON ロギングを使用可能にします。

    a. IBM Cloud Private コンソールで、「メニュー」 > 「カタログ」をクリックします。
    b. 「ログ (Logs)」セクションで、ibm-mfpfp-server-prod / ibm-mfpfp-analytics-prod / ibm-mfpf-appcenter-prod Helm チャートを選択します。
    注: コンソールにアクセスしたときに、この Helm チャートが Helm カタログに含まれていない場合は、「管理 (Manage)」 > 「Helm リポジトリー (Helm Repositories)」を選択し、リポジトリーを同期するボタンをクリックしてカタログを最新表示します。

    c. 「ロギング (Logging)」のフィールドを以下のデフォルト値に設定するか、または Helm チャートをデプロイするときに、コマンド・ラインで --set フラグを使用して、前の値を設定することができます。

    Helm チャートのフィールドと、JSON ロギングの値

    GUI のフィールド名 コマンド・ラインのフィールド名 フィールド値
    コンソールのロギング形式 logs.consoleFormat json
    コンソールのロギング・レベル logs.consoleLogLevel info
    コンソールのロギング・ソース logs.consoleLogLevel message、trace、accessLog、ffdc

    サポートされるソース・タイプ: messages、traces、accessLog、ffdc
    コンソールのロギング・ソースで、各ソース・タイプをコンマ区切りのリストで指定します。
    accessLog を使用するには、server.xml ファイルに追加の設定が必要です。
    詳しくは、HTTP アクセス・ロギングを参照してください。
  2. Kibana をデプロイします。
    JSON ロギングを使用可能にして Liberty をデプロイすると、ログ・レコードは Elasticsearch に保管され、Kibana を使用してログ・レコードを表示できます。

    a. Kibana をデプロイするには、コンソールで、「カタログ」 > 「Helm チャート」をクリックします。
    b. ibm-icplogging-kibana Helm チャートを選択し、ターゲットの名前空間で「kube-system」をクリックします。
    c. 「インストール」をクリックします。

  3. Kibana を開きます。

    a. コンソールで、「ネットワーク・アクセス (Network Access)」 > 「サービス (Services)」をクリックします。
    b. サービスのリストから「Kibana」を選択します。
    c. 「ノード・ポート (Node port)」フィールドの中にあるリンクをクリックして、Kibana を開きます。

  4. Kibana での索引パターンを作成します。

    a. Kibana から、「管理」 > 「索引パターン (Index Patterns)」をクリックします。索引名またはパターンに「logstash-*」を入力します。
    b. 「時間フィルター (Time Filter)」フィールド名として「ibm_datetime」を選択します。
    c. 「作成」をクリックします。

  5. 独自の照会を作成したり、視覚化したり、ダッシュボードを作成したりして、ログ・データを分析することができます。

  6. こちらから、サンプル・ダッシュボードのセットをダウンロードします。ダッシュボードを Kibana にインポートするには、「管理」 > 「保存されたオブジェクト (Saved Objects)」を選択して、「インポート (Import)」をクリックします。

発展的なチュートリアル

Last modified on October 05, 2018