アプリケーションの開発

improve this page | report issue

概説

アプリケーションの開発では、以下のステップを実行します。

  1. アプリケーションを作成します。 アプリケーションの作成のセクションを参照してください。
  2. 必要なコントロールを追加して、アプリケーションを設計します。 詳しくは、『Digital App Builder インターフェース』を参照してください。
  3. 必要なサービス (Watson Chat、Watson Visual Recognition、Push Notifications、Data Set、Live Update) をアプリケーションに追加します。
  4. 必要に応じて、プラットフォームを追加または変更します。 『設定』>『アプリケーションの詳細』セクションを参照してください。
  5. アプリケーションをプレビューします。 『シミュレーターを使用したアプリケーションのプレビュー』を参照してください。
  6. アプリケーションをプレビューした後、エラーの修正後にビルドの準備ができたら、アプリケーションをビルドするための以下のステップを実行します。

    • Android アプリケーションの場合:

      a. アプリケーションの作成時に指定したディレクトリーにナビゲートします。

      b. ionic フォルダーに移動します。

      c. 「Platform」>「Android」に移動します。

      d. Android Studio を開き、「File」>「Open Project」に移動します。ステップ c に記載されている android フォルダーを選択します。

      e. プロジェクトをビルドします。

      : 公開およびビルドについては、https://developer.android.com/studio/publish/ のチュートリアルのステップに従ってください。

    • iOS アプリケーションの場合:

      a. アプリケーションの作成時に指定したディレクトリーにナビゲートします。

      b. ionic フォルダーに移動します。

      c. 「Platform」>「iOS」に移動します。

      d. Xcode を開き、プロジェクトをビルドします。

      : 公開およびビルドについては、https://developer.apple.com/ios/submit/ のチュートリアルのステップに従ってください。

アプリケーションのプレビュー

選択したチャネルにシミュレーションを接続して、開発したアプリケーションをプレビューできます。

  • iOS でアプリケーションをプレビューするには、Apple App Store から XCode をダウンロードしてインストールします。
  • Android でアプリケーションをプレビューするには、以下のようにします。

: アプリケーションを素早くプレビューするには、「アプリケーションのプレビュー (Preview App)」オプションを選択します。そうすると、新しいウィンドウが開いてアプリケーションが実行されます。 別のプラットフォーム・モデル対応に設定したり、画面方向を変更したりすることもできます。 アプリケーションに加えられた変更は、このプレビュー・ウィンドウでライブに反映されます。

: 「File」>「Export to Code」を選択すると、プロジェクトがコード・モードにエクスポートされます。 (アプリケーション・コードは新規フォルダー内に保存されるので、設計モードは妨害されません。) コード・モードにエクスポートした後に、エクスポートされたプロジェクトを設計モードで開くことはできません。

Last modified on October 30, 2019