ライブ・アップデートを使用した機能のトグル

improve this page | report issue

ライブ・アップデートを使用した機能のトグル

ライブ・アップデートを使用して、アプリケーションのいろいろな側面を構成可能にし、リモートから機能をオンにしたりオフにしたりします。 また、MobileFirst Operations Console から変数の値を直接変更することにより、アプリケーションのプロパティーを動的に制御します。

「フィーチャー (Feature)」は、アプリケーションの機能をオンまたはオフにするために使用されるオン/オフのバイナリー値です。

「プロパティー」は、アプリケーションの動作を制御するために使用できる名前値ペアです。

: ライブ・アップデートは、アプリケーションが作動可能になって初めて使用可能になります。

設計 (Design) モードでのライブ・アップデートの追加

ライブ・アップデートをアプリケーションに追加するには、以下のようにします。

  1. 「エンゲージメント (Engagement)」を選択します。 これにより、使用可能なサービスのリストが表示されます。

    「エンゲージメント (Engagement)」-「ライブ・アップデート (Live Update)」

  2. 「ライブ・アップデート (Live Update)」を選択し、「有効にする (Enable)」をクリックします。 これで、Mobile Foundation サーバー内にライブ・アップデートが構成されます。 ライブ・アップデートが正常に有効化されると、ポップアップが表示されます。

    ライブ・アップデートの有効化

  3. Mobile Foundation サーバー内に新規フィーチャーを定義するための「+ 新規フィーチャー (+ New Feature)」をクリックします。 これにより、下の画面が表示されます。

    新規フィーチャー

  4. 「フィーチャー ID (Feature ID)」「フィーチャー名 (Feature Name)」を入力し、デフォルトの「表示設定 (Visibility)」を設定します。

    • フィーチャー ID (Feature ID) - フィーチャーの固有 ID
    • フィーチャー名 (Feature Name) - フィーチャーを説明する名前

    新規プロパティー

  5. 「作成」をクリックします。

  6. 以下の詳細を指定して、ライブ・アップデートのプロパティーを同様に定義します。

    • プロパティー ID
    • プロパティー名
    • プロパティー値

コード・モードでのライブ・アップデートの追加

ライブ・アップデートをアプリケーションに追加するには、以下のようにします。

方法 1

  1. アプリケーションをコード・モードで開きます。
  2. projectname/ionic/src/app/app.component.ts にナビゲートします。

    新規プロパティーの方法 1

  3. ライブ・アップデート初期化メソッドに移動します。
  4. コードを編集してコントロールやプロパティーを表示/非表示にして、コントロールのプロパティーを設定します。

方法 2

  1. アプリケーションをコード・モードで開きます。
  2. コード・スニペットに移動し、「</>」をクリックします。
  3. 「ライブ・アップデート (Live Update)」>「ライブ・アップデート構成 (Live Update Configuration)」を選択します。

    新規プロパティーの方法 2

  4. 「LiveUpdate 構成 (LiveUpdate Configuration)」コード・スニペットをドラッグ・アンド・ドロップします。
  5. コードを編集してコントロールやプロパティーを表示/非表示にして、コントロールのプロパティーを設定します。
Last modified on October 30, 2019