インストールおよび構成

improve this page | report issue

概説

Digital App Builder は、MacOS および Windows プラットフォームにインストールできるようになりました。インストールには、初回インストール時にインストールされ、検証された前提ソフトウェアも含まれます。アダプター生成と開発中のアプリのプレビューのために、Java、Xcode、および Android Studio をインストールできます。

MacOS でのインストール

  1. IBM パスポート・アドバンテージまたはこちらから、.dmg (IBM.Digital.App.Builder-n.n.n.dmgn.n.n はバージョン番号) をダウンロードします。
  2. .dmg ファイルをダブルクリックしてインストーラーをマウントします。
  3. インストーラーで開かれたウィンドウで、IBM Digital App Builder を Applications フォルダーにドラッグ・アンド・ドロップします。
  4. IBM Digital App Builder アイコンまたは実行可能プログラムをダブルクリックして、Digital App Builder を開きます。

    : Digital App Builder の初回インストール時に、Digital App Builder は、前提ソフトウェアをインストールするためのインターフェースを開きます。

    Digital App Builder のインストール

  5. 「セットアップの開始」をクリックします。これにより、「ご使用条件」の画面が表示されます。

    「ご使用条件」画面

  6. ご使用条件に同意し、「次へ」をクリックします。これにより、「前提条件のインストール」画面が表示されます。

    : 既にインストールされている前提ソフトウェアがないかチェックされ、各前提ソフトウェアに対して状況が表示されます。

    「前提条件のインストール」画面

  7. 前提条件のいずれかが「インストールされるもの」状況の場合は、「インストール」をクリックして前提ソフトウェアをセットアップします。

    「前提条件のインストール」画面

  8. 前提ソフトウェアがインストールされた後、Digital App Builder の開始画面が表示されます。「ビルドの開始」をクリックします。

    Digital App Builder の開始

  9. オプション - 前提ソフトウェアがインストールされた後、Digital App Builder がデータ・セットを扱うために Java が必要なため、インストーラーは JAVA をチェックします。

    : JAVA がまだインストールされていない場合は、手動でインストールする必要があります。Java のインストールについては、Java のインストールを参照してください。

  10. オプション - インストーラーはまた、オプションの Xcode (開発中に iOS シミュレーターでアプリをプレビューするため、MacOS のみ) および Android Studio (Android アプリをプレビューするため、MacOS および Windows) のインストールをチェックします。

    : Xcode と Android Studio を手動でインストールする必要があります。Cocoapods のインストールについては、CocoaPods の使用を参照してください。Android Studio のインストールについては、Android Studio のインストールを参照してください。

: 任意の時点で前提条件のチェックを実行して、アプリを開発するインストール済み環境が正常であることを確認できます。エラーが発生した場合は、エラーを修正し、Digital App Builder を再始動してから、アプリケーションを作成してください。

Windows でのインストール

管理モードで開かれたコマンド・プロンプトから以下のコマンドを実行します。

  1. IBM パスポート・アドバンテージまたはこちらから、.exe (IBM.Digital.App.Builder.Setup.n.n.n.exen.n.n はバージョン番号) をダウンロードします。
  2. Digital App Builder 実行可能ファイルをダブルクリックしてインストールします。

    Digital App Builder のインストール

  3. 「セットアップの開始」をクリックします。これにより、「ご使用条件」の画面が表示されます。

    「ご使用条件」画面

  4. ご使用条件に同意し、「次へ」をクリックします。これにより、「前提条件のインストール」画面が表示されます。

    : 既にインストールされている前提ソフトウェアがないかチェックされ、各前提ソフトウェアに対して状況が表示されます。

    「前提条件のインストール」画面

  5. 前提条件のいずれかが「インストールされるもの」状況の場合は、「インストール」をクリックして前提ソフトウェアをセットアップします。

    「前提条件のインストール」画面

  6. 前提ソフトウェアがインストールされた後、Digital App Builder の開始画面が表示されます。「ビルドの開始」をクリックします。

    Digital App Builder の開始

    : デスクトップの「スタート」 > 「プログラム」にショートカットも作成されます。デフォルトのインストール・フォルダーは、<AppData>&#xa5;Local&#xa5;IBMDigitalAppBuilder&#xa5;app-8.0.2 です。

  7. オプション - 前提ソフトウェアがインストールされた後、Digital App Builder がデータ・セットを扱うために Java が必要なため、インストーラーは JAVA をチェックします。

    : JAVA がまだインストールされていない場合は、手動でインストールする必要があります。Java のインストールについては、Java のインストールを参照してください。

  8. オプション - インストーラーはまた、オプションの Xcode (開発中に iOS シミュレーターでアプリをプレビューするため、MacOS のみ) および Android Studio (Android アプリをプレビューするため、MacOS および Windows) のインストールをチェックします。

    : Android Studio を手動でインストールする必要があります。Android Studio のインストールについては、Android Studio のインストールを参照してください。

: 任意の時点で前提条件のチェックを実行して、アプリを開発するインストール済み環境が正常であることを確認できます。エラーが発生した場合は、エラーを修正し、Digital App Builder を再始動してから、アプリケーションを作成してください。

前提条件チェック

アプリケーションを開発する前に、「ヘルプ (Help)」>「前提条件チェック」を選択して、前提条件チェックを実行できます。

前提条件チェック

エラーが発生した場合は、エラーを修正し、Digital App Builder を再始動してから、アプリケーションを作成してください。

: CocoaPods は MacOS でのみ必須です。

Last modified on July 04, 2019