IBM Mobile Foundation for Developers 8.0 on IBM Cloud Private のデプロイ

improve this page | report issue

概説

IBM Mobile Foundation for Developers 8.0 on IBM Cloud Private は、Mobile Foundation サーバーと Operational Analytics コンポーネントから成る、Mobile Foundation の開発者エディションです。 サーバー・ランタイムには、Mobile Foundation データを保管するための Derby データベースが組み込まれています。 これにより、ユーザーは IBM Cloud Private の Kubernetes デプロイメント内の 1 つのポッドに制限されます。 Community Edition を使用して、Mobile Foundation ユーザーは、最小限の構成パラメーターで IBM Cloud Private 上に Mobile Foundation インスタンスを簡単にセットアップするという開発者の体験をすることができます。

以下の手順に従って、IBM Cloud Private に、IBM Mobile Foundation サーバーおよび事前定義された Operational Analytics から成る開発者エディションをインストールします。

  • IBM Cloud Private Kubernetes クラスター (IBM Cloud Private CE または Native/Enterprise) をセットアップします。
  • [オプション] 必要なツール (Docker CLI、IBM Cloud CLI (cloudctl)、Kubernetes CLI (kubectl)、および Helm CLI (helm)) を組み込むよう、ホスト・コンピューターをセットアップします。

ジャンプ先:

前提条件

IBM Cloud Private (Community Edition または Native/Enterprise) をセットアップして準備しておく必要があります。 セットアップ手順については、IBM Cloud Private クラスター・インストール資料を参照してください。

コンテナーおよびイメージを管理するために、IBM Cloud Private セットアップの一環として、以下のツールをホスト・マシンにインストールする必要があります。

  • Docker
  • IBM Cloud CLI (cloudctl)
  • Kubernetes CLI (kubectl)
  • Helm (helm)

CLI を使用して IBM Cloud Private クラスターにアクセスするために、kubectl クライアントを構成する必要があります。 詳細はこちら

IBM Mobile Foundation for Developers 8.0 の Helm チャートのインストールおよび構成

カタログから、IBM Mobile Foundation for Developers 8.0 (ibm-mobilefoundation-dev) の Helm チャートをインストールするには、Catalog 内の Helm チャートのデプロイの手順に従ってください。

IBM Mobile Foundation for Developers 8.0 の環境変数

以下の表に、IBM Mobile Foundation for Developers 8.0 で使用される環境変数を示します。

修飾子 パラメーター 定義 使用可能な値
arch   ワーカー・ノード・アーキテクチャー このチャートのデプロイ先となるワーカー・ノード・アーキテクチャー。
現在、AMD64 プラットフォームのみがサポートされています。
image pullPolicy イメージ・プル・ポリシー Always、Never、または IfNotPresent
デフォルトは IfNotPresent
  repository Docker イメージ名 サーバー Docker イメージの名前。
  tag Docker イメージ・タグ Docker タグの説明を参照
resources limits.cpu 許可される CPU の最大量を記述します。 デフォルトは 2000m。 Kubernetes のMeaning of CPUを参照してください。
  limits.memory 許可されるメモリーの最大量を記述します。 デフォルトは 4096Mi。 Kubernetes の Meaning of memoryを参照してください。
  requests.cpu 必要な CPU の最小量を記述します。指定されない場合、最大量が指定されていれば、それがデフォルトになり、そうでなければ実装定義の値がデフォルトになります。 デフォルトは 2000m。 Kubernetes のMeaning of CPUを参照してください。
  requests.memory 必要なメモリーの最小量を記述します。 指定されない場合、メモリー量は、最大量が指定されていれば、それがデフォルトになり、そうでなければ実装定義の値がデフォルトになります。 デフォルトは 2048Mi。 Kubernetes の Meaning of memoryを参照してください。
logs consoleFormat コンテナー・ログの出力形式を指定します。 デフォルトは json
  consoleLogLevel コンテナー・ログに移動するメッセージの細分度を制御します。 デフォルトは info
  consoleSource コンテナー・ログに書き込まれるソースを指定します。 複数のソースには、コンマ区切りのリストを使用します。 デフォルトは messagetraceaccessLogffdc

インストールの検査

Mobile Foundation for Developers 8.0 のインストールが完了したら、以下を実行することにより、インストール済み環境およびデプロイされたポッドの状況を検査できます。

IBM Cloud Private 管理コンソールで、「ワークロード (Workloads)」>「Helm リリース (Helm Releases)」を選択します。 インストール済み環境のリリース名 をクリックします。

コンソールへのアクセス

インストールが成功したら、<protocol>://<ip_address>:<port>/mfpconsole を使用して、IBM Operations Console にアクセスできます。 IBM MobileFirst Analytics Console には、<protocol>://<ip_address>:<port>/analytics/console を使用してアクセスできます。

プロトコルには、http または https を使用できます。 また、NodePort デプロイメントの場合、ポートは NodePort になることに注意してください。 インストールされた チャートの ip_address および NodePort を取得するには、以下のステップに従ってください。

  1. IBM Cloud Private 管理コンソールで、「ワークロード (Workloads)」>「Helm リリース (Helm Releases)」を選択します。
  2. Helm チャート・インストール済み環境のリリース名 をクリックします。
  3. 「メモ (Notes)」セクションを参照します。

サンプル・アプリケーション

IBM Cloud Private で実行される IBM MobileFirst Server 上にサンプル・アダプターをデプロイし、サンプル・アプリケーションを実行するには、 チュートリアルを参照してください。

アンインストール

MobileFirst Server および MobileFirst Analytics をアンインストールするには、Helm CLI を使用します。

ダッシュボードから、「ワークロード (Workloads)」 > 「Helm リリース (Helm Releases)」をクリックし、チャートのデプロイに使用する release_name を検索し、「アクション (Action)」メニューをクリックし、「削除 (Delete)」を選択し、インストールされているチャートを完全に削除します。

以下のコマンドを使用して、インストールされているチャートおよび関連するデプロイメントを完全に削除します。

helm delete --purge <release_name>

release_name は、デプロイ済みの Helm チャートのリリース名です。

制限

この Helm チャートは、開発およびテスト目的のためにのみ提供されます。 データは、組み込み Derby データベースに保管されます。 データベースの制限により、チャートは 1 つのポッドでのみ動作します。

Last modified on October 30, 2019