Oracle (または) MySQL を IBM Mobile Foundation データベースとして使用する

improve this page | report issue

Oracle (または) MySQL を IBM Mobile Foundation データベースとして使用する

Mobile Foundation サーバー、Push および Application Center コンポーネントのデータを保管するために、事前構成済みのデータベースが必要です。

DB2 以外のデータベースを使用して Mobile Foundation をセットアップするには、ここにある指示に従います。

デフォルトでは、Mobile Foundation インストーラーは IBM DB2 JDBC ドライバーとともにパッケージ化されています。Oracle および MySQL の場合、JDBC ドライバー (MySQL の場合、Connector/J JDBC ドライバーを使用し、Oracle の場合、Oracle シン JDBC ドライバーを使用します) が永続ボリューム内に配置されていることを確認してください。

  1. JDBC ドライバーを NFS マウント・ボリュームに配置します。例: /nfs/share/dbdrivers

  2. NFS サーバーの正しい詳細および JDBC ドライバーが保管されている場所のパスを指定することで、永続ボリューム (PV) および永続ボリューム要求 (PVC) を作成します。サンプル yaml を以下に示します。

      # Sample PersistentVolume.yaml
      cat <<EOF | kubectl apply -f -
         apiVersion: v1
         kind: PersistentVolume
         metadata:
           labels:
             name: mfppvdbdrivers
           name: mfppvdbdrivers
         spec:
           accessModes:
           - ReadWriteMany
           capacity:
             storage: 20Gi
           nfs:
             path: <nfs_path>
             server: <nfs_server>
          EOF
    
     # Sample PersistentVolumeClaim.yaml
       cat <<EOF | kubectl apply -f -
       apiVersion: v1
       kind: PersistentVolumeClaim
       metadata:
         name: mfppvc
         namespace: projectname-or-namespace
       spec:
         accessModes:
         - ReadWriteMany
         resources:
           requests:
              storage: 20Gi
         selector:
           matchLabels:
             name: mfppvdbdrivers
         volumeName: mfppvdbdrivers
       status:
         accessModes:
         - ReadWriteMany
         capacity:
           storage: 20Gi
       EOF
    

    : 上記の yaml に正しい projectname-or-namespace を追加したことを確認します。

[オプション] 特権 (admin) を使用して Mobile Foundation データベース操作を処理する

個別のデータベース管理秘密を使用して、データベースの初期化タスクを実行できます。これにより、必要な Mobile Foundation スキーマおよび表がデータベースに作成されます (まだ存在しない場合)。データベース管理秘密を使用して、データベース・インスタンスでの DDL 操作を制御できます。

MFP サーバー DB 管理秘密および MFP Appcenter DB 管理秘密の詳細が指定されていない場合、デフォルトのデータベース秘密名を使用してデータベース初期化タスクが実行されます。

Mobile Foundation サーバー用の MFP サーバー DB 管理秘密を作成するには、以下のコード・スニペットを実行します。

# Create MFP Server Admin DB secret for Mobile Foundation server component
cat <<EOF | kubectl apply -f -
apiVersion: v1
data:
  MFPF_ADMIN_DB_ADMIN_USERNAME: encoded_uname
  MFPF_ADMIN_DB_ADMIN_PASSWORD: encoded_password
  MFPF_RUNTIME_DB_ADMIN_USERNAME: encoded_uname
  MFPF_RUNTIME_DB_ADMIN_PASSWORD: encoded_password
  MFPF_PUSH_DB_ADMIN_USERNAME: encoded_uname
  MFPF_PUSH_DB_ADMIN_PASSWORD: encoded_password
kind: Secret
metadata:
  name: mfpserver-dbadminsecret
type: Opaque
EOF

Appcenter 用の MFP Appcenter DB 管理秘密を作成するには、以下のコード・スニペットを実行します。

# Create Appcenter Admin DB secret for Mobile Foundation Appcenter
cat <<EOF | kubectl apply -f -
apiVersion: v1
data:
  MFPF_APPCNTR_DB_ADMIN_USERNAME: encoded_uname
  MFPF_APPCNTR_DB_ADMIN_PASSWORD: encoded_password
kind: Secret
metadata:
name: appcenter-dbadminsecret
type: Opaque
EOF
Last modified on October 30, 2019