Windows 8.1 および Windows 10 開発環境のセットアップ

improve this page | report issue

概説

このチュートリアルでは、Windows 8.1 Universal アプリケーションおよび Windows 10 UWP アプリケーションを開発およびテストできるようにするために開発者が従う必要のあるステップを説明します。

前提条件: Windows 開発環境をセットアップする際には、Mobile Foundation 開発環境のセットアップのチュートリアルも必ずお読みください。

登録

  1. Windows 開発者として登録します。

Windows developer support Web サイトに詳細の説明があります。

開発

Windows 8.1 Universal または Windows 10 UWP のアプリケーション開発には、Windows 8.1 オペレーティング・システムまたは Windows 10 オペレーティング・システムで稼働する PC ワークステーションと Microsoft Visual Studio 2013 または 2015 が必要です。

Windows 8.1 Universal

Windows 8.1 Universal アプリケーションのソリューションは、以下の 3 つのプロジェクトから構成されます。

  • ビジネス・ロジックの共有コード
  • Windows デスクトップ/タブレット・アプリケーションのプロジェクト
  • Windows Phone アプリケーションのプロジェクト

Windows 8.1 Universal には、以下が必要です。

  • Windows OS 8.1 以上
  • Visual Studio 2013 または 2015

Windows 10 UWP

Windows 10 UWP (Universal Windows Platform) アプリケーションのソリューションは、以下を含む単一プロジェクトから構成されます。

  • ビジネス・ロジックの共有コード
  • アダプティブ UI (デスクトップ/タブレットおよび Phone の両方の場合)

Windows 10 UWP には、以下が必要です。

  • Windows OS 8.1 以上
  • Visual Studio 2015

次のステップ

Mobile Foundation および Windows 開発環境がセットアップされたため、クイック・スタートのカテゴリーで Mobile Foundation を使用してみるか、すべてのチュートリアルで Mobile Foundation 開発の個々の側面について理解を深めてください。

Last modified on March 10, 2017