MobileFirst Analytics Receiver Server インストール・ガイド

improve this page | report issue

概説

MobileFirst Analytics Receiver Server は、Java EE 標準 Web アプリケーション・アーカイブ (WAR) ファイルとして実装されて出荷されます。そのため、サポートされるアプリケーション・サーバーである WebSphere Application Server、WebSphere Application Server Liberty、または Apache Tomcat (WAR ファイルのみ) のいずれかにインストール可能です。

ジャンプ先

システム要件

オペレーティング・システム

  • CentOS/RHEL 6.x/7.x
  • Oracle Enterprise Linux 6/7 (RHEL カーネルのみ)
  • Ubuntu 12.04/14.04
  • SLES 11/12
  • OpenSuSE 13.2
  • Windows Server 2012/R2
  • Debian 7

JVM

  • Oracle JVM 1.7u55+
  • Oracle JVM 1.8u20+
  • IcedTea OpenJDK 1.7.0.55+

ハードウェア

  • RAM: RAM は大きいほうがよいですが、ノード当たり 64 GB 以下です。 32 GB と 16 GB も許容されます。 8 GB 未満では、クラスターに多くの小さなノードが必要です。64 GB は無駄で、Java がポインターにメモリーを使用するしくみの理由で問題があります。
  • ディスク: 可能な場合は SSD を使用します。あるいは、SSD が可能でなければ高速回転の従来型ディスクを RAID 0 構成で使用します。
  • CPU: CPU は、傾向としてパフォーマンス・ボトルネックになりません。 2 コアから 8 コアのシステムを使用します。
  • ネットワーク: 水平方向のスケールアウトが必要になる場合は、1 GbE から 10 GbE の速度をサポートする、高速で、信頼性が高いデータ・センターが必要です。

ハードウェア構成

  • JVM に十分なサイズを設定して、メモリー内のキューのサイズを 10000 (つまり、最小 Xmx を 6 GB) に拡張します。
  • BSD と Linux を使用する場合は、必ず、オペレーティング・システム入出力スケジューラーを cfq ではなく、deadline または noop に設定してください。

容量に関する考慮事項

容量は、最も共通する問題です。 どれぐらいの RAM が必要か? ディスク・スペースはどれぐらいか? ノードの数は? その答えはいつも主観的です。

IBM MobileFirst Analytics Receiver は、モバイル・アプリケーションからログを受信して分析サーバーに転送するにすぎず、イベント・データのストレージもないため、ディスク・スペースを必要としません。

MobileFirst Analytics Receiver の WebSphere Application Server Liberty へのインストール

MobileFirst Analytics Receiver WAR ファイルがすでに存在していることを確認します。インストール成果物について詳しくは、アプリケーション・サーバーへの MobileFirst Server のインストールを参照してください。 analytics-receiver.war ファイルは、<mf_server_install_dir>\analyticsreceiver フォルダーにあります。WebSphere Application Server Liberty のダウンロードとインストールの方法について詳しくは、IBM developerWorks の「About WebSphere Liberty」の記事を参照してください。

  1. ./wlp/bin フォルダーで次のコマンドを実行して、サーバーを作成します。

    ./server create <serverName>
    
  2. ./bin フォルダーから次のコマンドを実行して、フィーチャーをインストールします。

    ./featureManager install jsp-2.2 ssl-1.0 appSecurity-1.0 localConnector-1.0
    
  3. analytics-receiver.war ファイルを、Liberty サーバーの ./usr/servers/<serverName>/apps フォルダーに追加します。
  4. ./usr/servers/<serverName>/server.xml ファイルの **** タグのコンテンツを以下のコンテンツに置換します。

    <featureManager>
         <feature>jsp-2.2</feature>
         <feature>ssl-1.0</feature>
         <feature>appSecurity-1.0</feature>
         <feature>localConnector-1.0</feature>
    </featureManager>
    
  5. server.xml ファイル内に、ロール・ベースのセキュリティーを使用するアプリケーションとして analytics-receiver.war を構成します。以下の例は、基本的な、ハードコーディングされたユーザー・レジストリーを作成し、さまざまな Analytics ロールのそれぞれにユーザーを割り当てます。

    <application id="analytics-receiver" name="analytics-receiver" location="analytics-receiver.war" type="war">
         <application-bnd>
             <security-role name="analytics_administrator">
                 <user name="admin"/>
             </security-role>
             <security-role name="analytics_infrastructure">
                 <user name="infrastructure"/>
             </security-role>
             <security-role name="analytics_support">
                 <user name="support"/>
             </security-role>
             <security-role name="analytics_developer">
                 <user name="developer"/>
             </security-role>
             <security-role name="analytics_business">
                 <user name="business"/>
             </security-role>
         </application-bnd>
    </application>
    
    <basicRegistry id="worklight" realm="worklightRealm">
         <user name="business" password="demo"/>
         <user name="developer" password="demo"/>
         <user name="support" password="demo"/>
         <user name="infrastructure" password="demo"/>
         <user name="admin" password="admin"/>
    </basicRegistry>
    

    LDAP など、他のユーザー・レジストリー・タイプの構成方法について詳しくは、WebSphere Application Server 製品資料で Liberty のユーザー・レジストリーの構成のトピックを参照してください。

  6. bin フォルダー内で以下のコマンドを実行して Liberty サーバーを始動します。

    ./server start <serverName>
    
  7. 正常性 URL を呼び出してサービスを検証します。

    http://localhost:9080/analytics-receiver/rest/data/health
    

WebSphere Application Server Liberty の管理について詳しくは、WebSphere Application Server 製品資料でコマンド行からの Liberty の管理のトピックを参照してください。

MobileFirst Analytics Receiver の Tomcat へのインストール

MobileFirst Analytics Receiver WAR ファイルがあることを確認します。 インストール成果物について詳しくは、アプリケーション・サーバーへの MobileFirst Server のインストールを参照してください。 analytics-receiver.war ファイルは、<mf_server_install_dir>\analyticsreceiver フォルダーにあります。Tomcat のダウンロードとインストールの方法について詳しくは、Apache Tomcat を参照してください。Java 7 以上をサポートするバージョンをダウンロードするようにしてください。 Tomcat のどのバージョンで Java 7 がサポートされているかについて詳しくは、Apache Tomcat Versions を参照してください。

  1. analytics-receiver.war ファイルを Tomcat webapps フォルダーに追加します。
  2. 新しくダウンロードした Tomcat アーカイブの conf/server.xml ファイルで、コメント化されている次のセクションの、コメントを外します。

    <Valve className="org.apache.catalina.authenticator.SingleSignOn"/>
    
  3. conf/server.xml ファイルに 2 つの WAR ファイルを宣言し、ユーザー・レジストリーを定義します。

    <Context docBase ="analytics-receiver-service" path ="/analytics-receiver"></Context>
    <Realm className ="org.apache.catalina.realm.MemoryRealm"/>
    

    MemoryRealm は、conf/tomcat-users.xml ファイルに定義されているユーザーを認識します。 その他の使用可能なオプションについて詳しくは、Apache Tomcat Realm Configuration HOW-TOを参照してください。

  4. conf/tomcat-users.xml ファイルに以下のセクションを追加して、MemoryRealm を構成します。
    • セキュリティー・ロールを追加します。

      <role rolename="analytics_administrator"/>
      <role rolename="analytics_infrastructure"/>
      <role rolename="analytics_support"/>
      <role rolename="analytics_developer"/>
      <role rolename="analytics_business"/>
      
    • 必要なロールのユーザーを数人追加します。

      <user name="admin" password="admin" roles="analytics_administrator"/>
      <user name="support" password="demo" roles="analytics_support"/>
      <user name="business" password="demo" roles="analytics_business"/>
      <user name="developer" password="demo" roles="analytics_developer"/>
      <user name="infrastructure" password="demo" roles="analytics_infrastructure"/>
      
    • Tomcat Server を始動し、正常性 URL を呼び出してサービスを検証します。

      http://localhost:8080/analytics-receiver/rest/data/health
      

    Tomcat サーバーの始動方法について詳しくは、Tomcat の公式サイトを参照してください。 例えば、Tomcat 7.0 の場合、「Apache Tomcat 7」です。

MobileFirst Analytics Receiver の WebSphere Application Server へのインストール

インストール成果物 (JAR ファイルおよび EAR ファイル) を獲得するための最初のインストール・ステップについては、アプリケーション・サーバーへの MobileFirst Server のインストールを参照してください。analytics-receiver.war ファイルは、<mf_server_install_dir>\analyticsreceiver フォルダーにあります。

以下のステップでは、WebSphere Application Server に Analytics EAR ファイルをインストールし、実行する方法について説明します。 WebSphere Application Server に個別の WAR ファイルをインストールする場合は、デプロイ後に analytics-receiver WAR ファイルについてステップ 2 から 7 のみを実行してください。

  1. WAR ファイルをアプリケーション・サーバーにデプロイします。ただし、開始はしないでください。WebSphere Application Server に EAR ファイルをインストールする方法については、WebSphere Application Server 製品資料でコンソールを使用したエンタープライズ・アプリケーション・ファイルのインストールのトピックを参照してください。

  2. 「エンタープライズ・アプリケーション」リストから「MobileFirst Analytics Receiver」アプリケーションを選択します。

    WebSphere Enterprise アプリケーションをインストールします。

  3. 「クラス・ロードおよび更新の検出」をクリックします。

    WebSphere でのクラス・ロード

  4. クラス・ロード順序を「親が最後」に設定します。

    クラス・ロード順序の変更

  5. 「ユーザー/グループへのセキュリティー・ロールのマッピング」をクリックして、管理ユーザーをマップします。

    WAR クラス・ロード順序

  6. 「モジュールの管理」をクリックします。

    WebSphere でのモジュールの管理

  7. analytics-receiver モジュールを選択し、クラス・ローダー順序を「親が最後」に変更します。

    WebSphere の分析モジュール

  8. 以下のようにして、WebSphere Application Server 管理コンソールで管理セキュリティーアプリケーション・セキュリティーを使用可能にします。
    • WebSphere Application Server 管理コンソールにログインします。
    • 「セキュリティー」 > 「グローバル・セキュリティー」メニューで、「管理セキュリティーを使用可能にする」「アプリケーション・セキュリティーを使用可能にする」の両方を必ず選択します。

      : アプリケーション・セキュリティーは、管理セキュリティーが使用可能にされた後にのみ、選択可能です。

    • 「OK」をクリックし、変更を保存します。
  9. Swagger 文書を介して Analytics サービスへのアクセスを有効にするには、以下のステップを実行します。
    • 「サーバー」 > 「サーバー・タイプ」 > 「WebSphere Application Server」をクリックし、Analytics サービスがデプロイされたサーバーをサーバー・リストから選択します。
    • 「サーバー・インフラストラクチャー」の下で、「Java」をクリックし、「プロセス管理」 > 「プロセス定義」 > 「Java 仮想マシン」 > 「カスタム・プロパティー」と進みます。
      • 以下のカスタム・プロパティーを設定します。
        プロパティー名: com.ibm.ws.classloader.strict
        値: true
  10. MobileFirst Analytics Receiver アプリケーションを開始し、ブラウザーで正常性 URL (http://<hostname>:<port>/analytics-receiver/rest/data/health) にアクセス可能であることを確認します。

Ant タスクを使用した MobileFirst Analytics Receiver のインストール

必要な WAR ファイルおよび構成ファイルの analytics-receiver.war があることを確認します。インストール成果物について詳しくは、アプリケーション・サーバーへの MobileFirst Server のインストールを参照してください。 analytics-receiver.war ファイルは、MobileFirst_Platform_Server\AnalyticsReceiver フォルダーにあります。

アプリケーション・サーバー、または WebSphere Application Server Network Deployment 用の Network Deployment Manager がインストールされているコンピューターで Ant タスクを実行する必要があります。 MobileFirst Server がインストールされていないコンピューターから Ant タスクを開始したい場合は、ファイル \<mf_server_install_dir\>/MobileFirstServer/mfp-ant-deployer.jar をそのコンピューターにコピーする必要があります。

: mf_server_install_dir は、MobileFirst Server をインストールしたディレクトリーです。

  1. MobileFirst Analytics Receiver WAR ファイルをデプロイするために後で使用する Ant スクリプトを編集します。

    : Ant XML スクリプトの値で以下の特殊文字が使用される場合は、エスケープする必要があります。

    • Apache Ant Manual の『Properties』セクションに説明されているように、ドル記号 ($) は、構文 ${variable} によって Ant 変数を明示的に参照する場合を除き、$$ と記述してください。
    • アンパーサンド文字 (&) は、XML エンティティーを明示的に参照する場合を除き、& と記述してください。
    • 二重引用符 (“) は、単一引用符で囲まれたストリング内にある場合を除き、" と記述してください。
  2. WAR ファイルをデプロイするには、次のコマンドを実行します。
    ant -f configure-appServer-analytics-receiver.xml install
    

    Ant コマンドは、mf_server_install_dir/shortcuts にあります。これにより、MobileFirst Analytics Receiver のノードが、サーバー、またはクラスターの各メンバー (WebSphere Application Server Network Deployment にインストールする場合) にインストールされます。

  3. Ant ファイルを保存します。 後でフィックスパックの適用時やアップグレードの実行時に、これが必要になる可能性があります。 パスワードを保存しない場合は、対話式プロンプトのために、************ (12 個のアスタリスク) に置き換えることができます。
Last modified on May 13, 2020