トポロジーとネットワーク・フロー

improve this page | report issue

概説

ここでは、MobileFirst Server コンポーネントの可能なサーバー・トポロジーと、使用可能なネットワーク・フローについて詳しく説明します。
コンポーネントは、使用するサーバー・トポロジーに応じてデプロイされます。ネットワーク・フローでは、コンポーネントが相互に通信する方法およびエンド・ユーザー・デバイスと通信する方法について説明します。

ジャンプ先

MobileFirst Server コンポーネント間のネットワーク・フロー

MobileFirst Server コンポーネントは、JMX または HTTP を介して相互に通信できます。通信を使用可能にするには、特定の JNDI プロパティーを構成する必要があります。
コンポーネントとデバイスの間のネットワーク・フローは、以下のイメージで示すことができます。

Mobile Foundation コンポーネントのネットワーク・フローの図

各種 MobileFirst Server コンポーネント、MobileFirst Analytics、モバイル・デバイス、およびアプリケーション・サーバーの間のフローについては、以下のセクションで説明します。

  1. Mobile Foundation ランタイムから MobileFirst Server 管理サービスへ
  2. MobileFirst Server 管理サービスから他のサーバーの Mobile Foundation ランタイムへ
  3. MobileFirst Server 管理サービスおよび MobileFirst ランタイムから WebSphere Application Server Network Deployment 上のデプロイメント・マネージャーへ
  4. MobileFirst Server プッシュ・サービスおよび Mobile Foundation ランタイムから MobileFirst Analytics
  5. MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server ライブ更新サービスへ
  6. MobileFirst Operations Console から MobileFirst Server 管理サービスへ
  7. MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server プッシュ・サービスおよび許可サーバーへ
  8. MobileFirst Server プッシュ・サービスから外部プッシュ通知サービスへ (アウトバウンド)
  9. モバイル・デバイスから Mobile Foundation ランタイムへ

Mobile Foundation ランタイムから MobileFirst Server 管理サービスへ

ランタイムと管理サービスは、JMX および HTTP を介して相互に通信できます。この通信は、ランタイムの初期化フェーズ中に行われます。ランタイムはそのアプリケーション・サーバーに対してローカルな管理サービスに接続し、ランタイムがサービスを提供する必要のあるアダプターおよびアプリケーションのリストを取得します。また、MobileFirst Operations Console または管理サービスから何らかの管理操作が実行される際にも通信が行われます。WebSphere Application Server Network Deployment では、ランタイムはセルの別のサーバーにインストールされた管理サービスに接続できます。これにより、非対称デプロイメントが可能になります (MobileFirst Server 管理サービス、MobileFirst Server ライブ更新サービス、および Mobile Foundation ランタイムでの制約を参照してください)。ただし、他のすべてのアプリケーション・サーバー (Apache Tomcat、WebSphere Application Server Liberty、またはスタンドアロン WebSphere Application Server) では、管理サービスはランタイムと同じサーバー上で実行されなければなりません。

JMX のプロトコルは、アプリケーション・サーバーに依存します。

  • Apache Tomcat - RMI
  • WebSphere Application Server Liberty - HTTPS (REST コネクター付き)
  • WebSphere Application Server - SOAP または RMI

JMX を介して通信を行うには、アプリケーション・サーバーでこれらのプロトコルが使用可能である必要があります。要件について詳しくは、アプリケーション・サーバーの前提条件を参照してください。

ランタイムおよび管理サービスの JMX Bean は、アプリケーション・サーバーから取得されます。ただし、WebSphere Application Server Network Deployment の場合、JMX Bean はデプロイメント・マネージャーから取得されます。デプロイメント・マネージャーには、WebSphere Application Server Network Deployment 上のセルのすべての Bean のビューがあります。そのため、一部の構成は WebSphere Application Server Network Deployment では必要なく (ファーム構成など)、WebSphere Application Server Network Deployment では非対称デプロイメントが可能です。詳しくは、MobileFirst Server 管理サービス、MobileFirst Server ライブ更新サービス、および Mobile Foundation ランタイムでの制約を参照してください。

同じアプリケーション・サーバーまたは同じ WebSphere Application Server セル上で MobileFirst Server の異なるインストール済み環境を識別するために、環境 ID (即ち JNDI 変数) を使用できます。デフォルトでは、この変数には空の値が入っています。特定の環境 ID のランタイムは、同じ環境 ID を持つ管理サービスとのみ通信します。例えば、管理サービスの環境 ID が X に設定されていて、ランタイムの持っている環境 ID がそれとは異なる場合 (例えば Y である場合)、この 2 つのコンポーネントは互いを認識しません。MobileFirst Operations Console は使用可能なランタイムを表示しません。

管理サービスは、クラスターのすべての Mobile Foundation ランタイム・コンポーネントと通信できなければなりません。例えばアダプターの新バージョンのアップロードやアプリケーションのアクティブ状況の変更など、管理操作が実行される際は、そのクラスターのすべてのランタイム・コンポーネントがその変更について通知を受ける必要があります。アプリケーション・サーバーが WebSphere Application Server Network Deployment でない場合、ファームが構成されている場合のみこの通信が行われる可能性があります。詳しくは、MobileFirst Server 管理サービス、MobileFirst Server ライブ更新サービス、および Mobile Foundation ランタイムでの制約を参照してください。

また、ランタイムは HTTP または HTTPS を介して管理サービスと通信し、アダプターなどの大きな成果物をダウンロードします。管理サービスによって URL が生成され、ランタイムがアウトバウンド HTTP 接続または HTTPS 接続を開き、その URL からの成果物を要求します。管理サービスで JNDI プロパティー (mfp.admin.proxy.port、mfp.admin.proxy.protocol、および mfp.admin.proxy.host) を定義することで、デフォルトの URL 生成をオーバーライドすることができます。また、管理サービスは、HTTP または HTTPS を介してランタイムと通信し、プッシュ操作の実行に使用する OAuth トークンを取得する必要があることもあります。詳しくは、MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server プッシュ・サービスおよび許可サーバーへを参照してください。

ランタイムと管理サービスとの間の通信に使用される JNDI プロパティーは、以下の通りです。

MobileFirst Server 管理サービス

Mobile Foundationruntime

MobileFirst Server 管理サービスから他のサーバーの Mobile Foundation ランタイムへ

『Mobile Foundation ランタイムから MobileFirst Server 管理サービスへ』で説明したように、管理サービスと、クラスターのすべてのランタイム・コンポーネントとの間に通信を確立する必要があります。そうすることで、管理操作が実行されたとき、クラスターのすべてのランタイム・コンポーネントがその変更について通知を受けることができます。通信は JMX を介して行われます。

WebSphere Application Server Network Deployment では、特定の構成を行わなくてもこの通信を行うことは可能です。同じ環境 ID に対応するすべての JMX MBean がデプロイメント・マネージャーから取得されます。

スタンドアロンの WebSphere Application Server、WebSphere Application Server Liberty プロファイル、または Apache Tomcat のクラスターの場合、ファームが構成されている場合に限り、通信を行うことができます。詳しくは、サーバー・ファームのインストールを参照してください。

MobileFirst Server 管理サービスおよび MobileFirst ランタイムから WebSphere Application Server Network Deployment 上のデプロイメント・マネージャーへ

WebSphere Application Server Network Deployment では、ランタイムおよび管理サービスは、デプロイメント・マネージャーと通信することで、『Mobile Foundation ランタイムから MobileFirst Server 管理サービスへ』および『MobileFirst Server 管理サービスから他のサーバーの Mobile Foundation ランタイムへ』で使用される JMX MBean を取得します。対応する JNDI プロパティーは、管理サービスの JNDI プロパティー: JMXmfp.admin.jmx.dmgr.* です。

ランタイムと管理サービス間の JMX 通信を必要とする操作が行われるようにするには、デプロイメント・マネージャーが実行中でなければなりません。そのような操作には、ランタイムの初期化、または管理サービスを使用して行われた変更の通知などが考えられます。

MobileFirst Server プッシュ・サービスおよび Mobile Foundation ランタイムから MobileFirst Analytics へ

ランタイムは HTTP または HTTPS を介してデータを MobileFirst Analytics に送信します。この通信の定義に使用される、ランタイムの JNDI プロパティーは次のとおりです。

  • **mfp.analytics.url **- ランタイムから着信分析データを受信するために MobileFirst Analytics サービスが公開する URL。 例: http://<hostname>:<port>/analytics-service/rest

    MobileFirst Analytics がクラスターとしてインストールされる場合、データはそのクラスターの任意のメンバーに送信できます。

  • mfp.analytics.username - MobileFirst Analytics サービスへのアクセスに使用されるユーザー名。分析サービスはセキュリティー・ロールによって保護されます。
  • mfp.analytics.password - 分析サービスにアクセスするためのパスワード。
  • mfp.analytics.console.url - MobileFirst Analytics Console へのリンクを表示するために MobileFirst Operations Console に渡される URL。 例: http://<hostname>:<port>/analytics/console

    この通信の定義に使用される、プッシュ・サービスの JNDI プロパティーは次のとおりです。

  • **mfp.push.analytics.endpoint **- プッシュ・サービスから着信分析データを受信するために MobileFirst Analytics サービスが公開する URL。 例: http://<hostname>:<port>/analytics-service/rest

    MobileFirst Analytics がクラスターとしてインストールされる場合、データはそのクラスターの任意のメンバーに送信できます。

  • mfp.push.analytics.username - MobileFirst Analytics サービスへのアクセスに使用されるユーザー名。分析サービスはセキュリティー・ロールによって保護されます。
  • mfp.push.analytics.password - 分析サービスにアクセスするためのパスワード。

MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server ライブ更新サービスへ

管理サービスはライブ更新サービスと通信し、Mobile Foundation 成果物についての構成情報を保管および取得します。通信は HTTP または HTTPS を介して行われます。

ライブ更新サービスに接続するための URL は、管理サービスによって自動的に生成されます。どちらのサービスも、同一のアプリケーション・サーバー上に存在している必要があります。ライブ更新サービスのコンテキスト・ルートは、<adminContextRoot>config のように定義する必要があります。例えば、管理サービスのコンテキスト・ルートが mfpadmin であれば、ライブ更新サービスのコンテキスト・ルートは mfpadminconfig でなければなりません。管理サービスで JNDI プロパティー (mfp.admin.proxy.portmfp.admin.proxy.protocol、および mfp.admin.proxy.host) を定義することで、デフォルトの URL 生成をオーバーライドすることができます。

この 2 つのサービス間で行うこの通信を構成する JNDI プロパティーは次のとおりです。

MobileFirst Operations Console から MobileFirst Server 管理サービスへ

MobileFirst Operations Console は Web ユーザー・インターフェースで、管理サービスのフロントエンドとして機能します。このインターフェースは HTTP または HTTPS を介して管理サービスの REST サービスと通信します。コンソールの使用を許可されているユーザーは、管理サービスの使用も許可される必要があります。コンソールの特定のセキュリティー・ロールにマップされた各ユーザーは、サービスの同じセキュリティー・ロールにもマップされる必要があります。このセットアップを行うことで、コンソールからの要求がサービスに受け入れられます。

この通信を構成する JNDI プロパティーは、MobileFirst Operations Console の JNDI プロパティーにあります。

注: mfp.admin.endpoint プロパティーにより、コンソールは管理サービスの場所を探索できます。アスタリスク文字「*」をワイルドカードとして使用して、管理サービスへの接続のためにコンソールが生成する URL が、コンソールへの着信 HTTP 要求と同じ値を使用するように指定することができます。例えば、*://*:*/mfpadmin は、コンソールと同じプロトコル、ホスト、およびポートを使用するが、mfpadmin をコンテキスト・ルートとして使用することを意味します。このプロパティーは、コンソール・アプリケーションに対して指定します。

MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server プッシュ・サービスおよび許可サーバーへ

管理サービスはプッシュ・サービスと通信して、さまざまなプッシュ操作を要求します。 この通信は、OAuth プロトコルを使用して保護されます。両方のサービスが、機密クライアントとして登録されている必要があります。初期登録は、インストール時に行うことができます。このプロセスでは、両方のサービスが許可サーバーに接続する必要があります。この許可サーバーは、Mobile Foundation ランタイムにすることができます。

この通信を構成するための、管理サービスの JNDI プロパティーは次のとおりです。

  • mfp.admin.push.url - プッシュ・サービスの URL。
  • mfp.admin.authorization.server.url - Mobile Foundation 許可サーバーの URL。
  • mfp.admin.authorization.client.id - OAuth 機密クライアントとしての、管理サービスのクライアント ID。
  • mfp.admin.authorization.client.secret - OAuth ベースのトークンの取得に使用される秘密コード。

注: 管理サービスの mfp.push.authorization.client.id プロパティーおよび mfp.push.authorization.client.secret プロパティーを使用して、管理サービスの開始時にプッシュ・サービスを機密クライアントとして自動的に登録することができます。プッシュ・サービスは同じ値で構成する必要があります。

この通信を構成するための、プッシュ・サービスの JNDI プロパティーは次のとおりです。

  • mfp.push.authorization.server.url - Mobile Foundation 許可サーバーの URL。プロパティー mfp.admin.authorization.server.url と同様。
  • mfp.push.authorization.client.id - 許可サーバーに接続するための、プッシュ・サービスのクライアント ID。
  • mfp.push.authorization.client.secret - 許可サーバーへの接続に使用する秘密コード。

MobileFirst Server プッシュ・サービスから外部プッシュ通知サービスへ (アウトバウンド)

プッシュ・サービスは、Apple Push Notification Service (APNS) や Google Cloud Messaging (GCM) などの外部通知サービスに対するアウトバウンド・トラフィックを生成します。この通信は、プロキシーを介しても行えます。通知サービスに応じて、以下の JNDI プロパティーを設定する必要があります。

  • push.apns.proxy
  • push.gcm.proxy

詳しくは、MobileFirst Server プッシュ・サービスの JNDI プロパティーのリストを参照してください。

モバイル・デバイスから Mobile Foundation ランタイムへ

モバイル・デバイスはランタイムに接続します。この通信のセキュリティーは、要求されたアプリケーションおよびアダプターの構成によって決定されます。詳しくは、MobileFirstのセキュリティー・フレームワーク (MobileFirst security framework)を参照してください。

MobileFirst Server コンポーネントおよび MobileFirst Analytics に対する制約

サーバー・トポロジーを決定する前に、さまざまな MobileFirst Server コンポーネントおよび MobileFirst Analytics に対する制約について理解してください。

MobileFirst Server 管理サービス、MobileFirst Server ライブ更新サービス、および Mobile Foundation ランタイムでの制約

サーバー・トポロジーごとの管理サービス、ライブ更新サービス、およびランタイムの制約とデプロイメント・モードについて説明します。

『MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server ライブ更新サービスへ』の説明にあるように、ライブ更新サービスは、常に管理サービスと共に同じアプリケーション・サーバー上にインストールされている必要があります。ライブ更新サービスのコンテキスト・ルートは、/<adminContextRoot>config のように定義する必要があります。例えば、管理サービスのコンテキスト・ルートが /mfpadmin の場合、ライブ更新サービスのコンテキスト・ルートは /mfpadminconfig でなければなりません。

使用できるアプリケーション・サーバー・トポロジーは以下のとおりです。

  • スタンドアロン・サーバー: WebSphere Application Server Liberty プロファイル、Apache Tomcat、または WebSphere Application Server 完全プロファイル
  • サーバー・ファーム: WebSphere Application Server Liberty プロファイル、Apache Tomcat、または WebSphere Application Server 完全プロファイル
  • WebSphere Application Server Network Deployment セル
  • Liberty 集合

デプロイメントのモード

管理サービス、ライブ更新サービス、およびランタイムをアプリケーション・サーバー・インフラストラクチャーにデプロイする際、使用するアプリケーション・サーバー・トポロジーに応じて 2 つのデプロイメント・モードから選択できます。非対称デプロイメントでは、管理サービスおよびライブ更新サービスと異なるアプリケーション・サーバーにランタイムをインストールすることができます。

対称デプロイメント
対称デプロイメントでは、Mobile Foundation の管理コンポーネント (MobileFirst Operations Console、管理サービス、およびライブ更新サービスの各アプリケーション) とランタイムを同じアプリケーション・サーバーにインストールする必要があります。

非対称デプロイメント
非対称デプロイメントでは、Mobile Foundation 管理コンポーネントと異なるアプリケーション・サーバーにランタイムをインストールすることができます。
非対称デプロイメントは、WebSphere Application Server Network Deployment セル・トポロジーおよび Liberty 集合トポロジーにのみサポートされます。

トポロジーの選択

スタンドアロン・サーバーのトポロジー

WebSphere Application Server 完全プロファイル、WebSphere Application Server Liberty プロファイル、および Apache Tomcat についてスタンドアロン・トポロジーを構成することができます。 このトポロジーでは、すべての管理コンポーネントとランタイムが、単一 Java 仮想マシン (JVM) にデプロイされます。

スタンドアロン・トポロジー

1 つの JVM を含み、対称デプロイメントのみが可能です。以下の特徴があります。

  • 1 つまたは複数の管理コンポーネントをデプロイできます。それぞれの MobileFirst Operations Console は、1 つの管理サービスおよび 1 つのライブ更新サービスと通信します。
  • 1 つまたは複数のランタイムをデプロイできます。
  • 1 つの MobileFirst Operations Console で複数のランタイムを管理できます。
  • 1 つのランタイムは、1 つの MobileFirst Operations Console のみによって管理されます。
  • 各管理サービスは、固有の管理データベース・スキーマを使用します。
  • 各ライブ更新サービスは、固有のライブ更新データベース・スキーマを使用します。
  • 各ランタイムは、固有のランタイム・データベース・スキーマを使用します。

JNDI プロパティーの構成

管理サービスとランタイム間の Java Management Extensions (JMX) 通信の有効化と、ランタイムを管理する管理サービスの定義のために必要な JNDI プロパティーがいくつかあります。これらのプロパティーについて詳しくは、MobileFirst Server 管理サービスの JNDI プロパティーのリストおよび MobileFirst ランタイムの JNDI プロパティーのリストを参照してください。

スタンドアロンの WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバー
管理サービスとランタイムについて、以下のグローバル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform Liberty
mfp.topology.clustermode Standalone
mfp.admin.jmx.host WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバーのホスト名。
mfp.admin.jmx.port REST コネクターのポート。WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバーの server.xml ファイル内の <httpEndpoint> エレメントに宣言されている httpsPort 属性のポートです。このプロパティーにはデフォルト値がありません。
mfp.admin.jmx.user WebSphere Application Server Liberty 管理者のユーザー名。WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバーの server.xml ファイル内の <administrator-role> エレメントに定義されている名前と一致しなければなりません。
mfp.admin.jmx.pwd WebSphere Application Server Liberty 管理者ユーザーのパスワード。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じ JVM を実行できるようにすることが可能です。

複数の管理コンポーネントをデプロイする場合には、以下を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値。ランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

スタンドアロンの Apache Tomcat サーバー 管理サービスとランタイムについて、以下のローカル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform Tomcat
mfp.topology.clustermode Standalone

Java Management Extensions (JMX) リモート・メソッド呼び出し (RMI) を定義する JVM プロパティーも必要です。詳しくは、Apache Tomcat 用の JMX 接続の構成を参照してください。

Apache Tomcat サーバーがファイアウォールの背後で実行されている場合、管理サービスについて、mfp.admin.rmi.registryPort および mfp.admin.rmi.serverPort の JNDI プロパティーが必要です。Apache Tomcat 用の JMX 接続の構成を参照してください。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じ JVM を実行できるようにすることが可能です。
複数の管理コンポーネントをデプロイする場合には、以下を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値。ランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

スタンドアロンの WebSphere Application Server
管理サービスとランタイムについて、以下のローカル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform WAS
mfp.topology.clustermode Standalone
mfp.admin.jmx.connector JMX コネクター・タイプ。値には SOAP または RMI が可能です。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じ JVM を実行できるようにすることが可能です。
複数の管理コンポーネントをデプロイする場合には、以下を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル local mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値。ランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

サーバー・ファームのトポロジー

WebSphere Application Server 完全プロファイル、WebSphere Application Server Liberty プロファイル、Apache Tomcat アプリケーション・サーバーのファームを構成することができます。

ファームとは、同じコンポーネントがデプロイされた個別サーバーの集合で、そのサーバー間で同じ管理サービス・データベースとランタイム・データベースが共有されているものです。ファーム・トポロジーにより、Mobile Foundation アプリケーションの負荷を複数のサーバー間で分散させることが可能になります。ファーム内の各サーバーは、同じタイプのアプリケーション・サーバーの Java 仮想マシン (JVM) でなければなりません。つまり、同種サーバー・ファームであることが必要です。例えば、複数の Liberty サーバーのセットを 1 つのサーバー・ファームとして構成することができます。反対に、Liberty サーバー、Tomcat サーバー、または スタンドアロンの WebSphere Application Server の混合をサーバー・ファームとして構成することはできません。

このトポロジーでは、すべての管理コンポーネント (MobileFirst Operations Console、管理サービス、およびライブ更新サービス) とランタイムがファーム内のすべてのサーバーにデプロイされます。

サーバー・ファームのトポロジー

このトポロジーは、対称デプロイメントのみをサポートします。ファーム内のすべてのサーバーにランタイムと管理コンポーネントがデプロイされる必要があります。このトポロジーのデプロイメントの特徴は、以下のとおりです。

  • 1 つまたは複数の管理コンポーネントをデプロイできます。MobileFirst Operations Console の各インスタンスは、1 つの管理サービスおよび 1 つのライブ更新サービスと通信します。
  • ファーム内のすべてのサーバーに管理コンポーネントがデプロイされる必要があります。
  • 1 つまたは複数のランタイムをデプロイできます。
  • ファーム内のすべてのサーバーにランタイムがデプロイされる必要があります。
  • 1 つの MobileFirst Operations Console で複数のランタイムを管理できます。
  • 1 つのランタイムは、1 つの MobileFirst Operations Console のみによって管理されます。
  • 各管理サービスは、固有の管理データベース・スキーマを使用します。同じ管理サービスのデプロイ済みインスタンスはすべて、同じ管理データベース・スキーマを共有します。
  • 各ライブ更新サービスは、固有のライブ更新データベース・スキーマを使用します。同じライブ更新サービスのデプロイ済みインスタンスはすべて、同じライブ更新データベース・スキーマを共有します。
  • 各ランタイムは、固有のランタイム・データベース・スキーマを使用します。同じランタイムのデプロイ済みインスタンスはすべて、同じランタイム・データベース・スキーマを共有します。

JNDI プロパティーの構成

同じサーバーの管理サービスとランタイム間の JMX 通信の有効化と、ランタイムを管理する管理サービスの定義のために必要な JNDI プロパティーがいくつかあります。便宜のために、以下の表にこれらのプロパティーをリストします。サーバー・ファームのインストール方法については、サーバー・ファームのインストールを参照してください。JNDI プロパティーについて詳しくは、MobileFirst Server 管理サービスの JNDI プロパティーのリストおよび MobileFirst ランタイムの JNDI プロパティーのリストを参照してください。

WebSphere Application Server Liberty プロファイルのサーバー・ファーム
管理サービスとランタイムについて、ファーム内の各サーバーで以下のグローバル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform Liberty
mfp.topology.clustermode Farm
mfp.admin.jmx.host WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバーのホスト名
mfp.admin.jmx.port REST コネクターのポート。WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバーの server.xml ファイル内の httpEndpoint エレメントで宣言された httpsPort 属性の値と一致する必要があります。
<httpEndpoint id="defaultHttpEndpoint" httpPort="9080" httpsPort="9443" host="*" />
mfp.admin.jmx.user WebSphere Application Server Liberty プロファイル・サーバーの server.xml ファイル内の administrator-role エレメントで定義された、WebSphere Application Server Liberty 管理者のユーザー名。
<administrator-role>
    <user>MfpRESTUser</user>
</administrator-role>
mfp.admin.jmx.pwd WebSphere Application Server Liberty 管理者ユーザーのパスワード。

管理サービスでサーバー・ファーム構成を管理するために、mfp.admin.serverid JNDI プロパティーが必要です。その値は サーバー ID で、ファーム内のサーバーごとに異なる必要があります。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じ JVM を実行できるようにすることが可能です。

複数の管理コンポーネントをデプロイする場合には、以下を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値。ランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

Apache Tomcat サーバー・ファーム
管理サービスとランタイムについて、ファーム内の各サーバーで以下のグローバル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform Tomcat
mfp.topology.clustermode Farm

Java Management Extensions (JMX) リモート・メソッド呼び出し (RMI) を定義する JVM プロパティーも必要です。詳しくは、Apache Tomcat 用の JMX 接続の構成を参照してください。

管理サービスでサーバー・ファーム構成を管理するために、mfp.admin.serverid JNDI プロパティーが必要です。その値は サーバー ID で、ファーム内のサーバーごとに異なる必要があります。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じ JVM を実行できるようにすることが可能です。

複数の管理コンポーネントをデプロイする場合には、以下を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値。ランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

WebSphere Application Server 完全プロファイルのサーバー・ファーム
管理サービスとランタイムについて、ファーム内の各サーバーで以下のグローバル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform WAS WAS
mfp.topology.clustermode Farm
mfp.admin.jmx.connector SOAP

管理サービスでサーバー・ファーム構成を管理するために、以下の JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.admin.jmx.user WebSphere Application Server のユーザー名。このユーザーは、WebSphere Application Server ユーザー・レジストリーで定義されていなければなりません。
mfp.admin.jmx.pwd WebSphere Application Server ユーザーのパスワード。
mfp.admin.serverid サーバー ID。必ず、ファーム内のサーバーごとに異なり、サーバー・ファーム構成ファイル内でこのサーバーに使用されたこのプロパティーの値と一致する必要があります。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じ JVM を実行できるようにすることが可能です。

複数の管理コンポーネントをデプロイする場合には、以下の値を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値。ランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

Liberty 集合トポロジー

Liberty 集合トポロジーで MobileFirst Server コンポーネントをデプロイできます。

Liberty 集合トポロジーでは、MobileFirst Server 管理コンポーネント (MobileFirst Operations Console、管理サービス、およびライブ更新サービス) は集合コントローラーにデプロイされ、Mobile Foundation ランタイムは集合メンバーにデプロイされます。このトポロジーは非対象デプロイメントのみをサポートし、ランタイムを集合コントローラーにデプロイすることはできません。

Liberty 集合のトポロジー

このトポロジーのデプロイメントの特徴は、以下のとおりです。

  • 集合の 1 つまたは複数のコントローラーに、1 つまたは複数の管理コンポーネントをデプロイできます。* * MobileFirst Operations Console の各インスタンスは、1 つの管理サービスおよび 1 つのライブ更新サービスと通信します。
  • 集合のクラスター・メンバーに、1 つまたは複数のランタイムをデプロイできます。
  • 1 つの MobileFirst Operations Console が、集合のクラスター・メンバーにデプロイされた複数のランタイムを管理します。
  • 1 つのランタイムは、1 つの MobileFirst Operations Console のみによって管理されます。
  • 各管理サービスは、固有の管理データベース・スキーマを使用します。
  • 各ライブ更新サービスは、固有のライブ更新データベース・スキーマを使用します。
  • 各ランタイムは、固有のランタイム・データベース・スキーマを使用します。

JNDI プロパティーの構成

以下の表に、管理サービスとランタイムの間の JMX 通信を有効にするために必要な JNDI プロパティーと、ランタイムを管理する管理サービスを定義するために必要な JNDI プロパティーをリストします。 これらのプロパティーについて詳しくは、MobileFirst Server 管理サービスの JNDI プロパティーのリストおよび MobileFirst ランタイムの JNDI プロパティーのリストを参照してください。Liberty 集合を手動でインストールする手順については、WebSphere Application Server Liberty 集合への手動インストールを参照してください。

管理サービス用に、以下のグローバル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform Liberty
mfp.topology.clustermode クラスター
mfp.admin.serverid コントローラー
mfp.admin.jmx.host Liberty コントローラーのホスト名。
mfp.admin.jmx.port REST コネクターのポート。これは、Liberty コントローラーの server.xml ファイル内の httpEndpoint エレメントで宣言された httpsPort 属性の値と同じでなければなりません。
<httpEndpoint id="defaultHttpEndpoint" httpPort="9080" httpsPort="9443" host="*"/>
mfp.admin.jmx.user Liberty コントローラーの server.xml ファイルの administrator-role エレメントで定義されたコントローラー管理者のユーザー名。
<administrator-role> <user>MfpRESTUser</user> </administrator-role>
mfp.admin.jmx.pwd Liberty コントローラー管理者ユーザーのパスワード。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なるランタイムを管理する別々の管理コンポーネントをコントローラーが実行できるようにすることが可能です。

複数の管理コンポーネントをデプロイする場合、各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーに固有値を指定する必要があります。

ランタイム用に、以下のグローバル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform Liberty
mfp.topology.clustermode クラスター
mfp.admin.serverid 集合メンバーを一意的に識別する値。集合内のメンバーごとに異なっている必要があります。値 controller は、集合コントローラー用に予約済みであるため使用できません。
mfp.admin.jmx.host Liberty コントローラーのホスト名。
mfp.admin.jmx.port REST コネクターのポート。これは、Liberty コントローラーの server.xml ファイル内の httpEndpoint エレメントで宣言された httpsPort 属性の値と同じでなければなりません。
<httpEndpoint id="defaultHttpEndpoint" httpPort="9080" httpsPort="9443" host="*"/>
mfp.admin.jmx.user Liberty コントローラーの server.xml ファイルの administrator-role エレメントで定義されたコントローラー管理者のユーザー名。
<administrator-role> <user>MfpRESTUser</user> </administrator-role>
mfp.admin.jmx.pwd Liberty コントローラー管理者ユーザーのパスワード。

同じ管理コンポーネントを使用している複数のコントローラー (レプリカ) が使用される場合、ランタイム用の以下の JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.admin.jmx.replica 複数の異なるコントローラー・レプリカのエンドポイント・リスト (replica-1 hostname:replica-1 port, replica-2 hostname:replica-2 port,..., replica-n hostname:replica-n port 構文を使用)。

複数の管理コンポーネントがコントローラーにデプロイされている場合、各ランタイムのローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの値は、そのランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じでなければなりません。

WebSphere Application Server Network Deployment のトポロジー

管理コンポーネントとランタイムは、WebSphere Application Server Network Deployment セルのサーバーまたはクラスターにデプロイされます。

これらのトポロジーの例では、非対称または対称、あるいはその両方のデプロイメントをサポートします。例えば、管理コンポーネント (MobileFirst Operations Console、管理サービス、およびライブ更新サービス) を 1 つのクラスターにデプロイし、これらのコンポーネントにより管理されるランタイムを別のクラスターにデプロイすることができます。

同一サーバーまたはクラスター内の対称デプロイメント

以下の図は、ランタイムと管理コンポーネントが同一サーバーまたはクラスターにデプロイされた対称デプロイメントを示しています。

WAS ND のトポロジー

このトポロジーのデプロイメントの特徴は、以下のとおりです。

  • セルの 1 つまたは複数のサーバーまたはクラスターに、1 つまたは複数の管理コンポーネントをデプロイできます。* MobileFirst Operations Console の各インスタンスは、1 つの管理サービスおよび 1 つのライブ更新サービスと通信します。
  • ランタイムを管理する管理コンポーネントと同じサーバーまたはクラスターに、1 つまたは複数のランタイムをデプロイできます。
  • 1 つのランタイムは、1 つの MobileFirst Operations Console のみによって管理されます。
  • 各管理サービスは、固有の管理データベース・スキーマを使用します。
  • 各ライブ更新サービスは、固有のライブ更新データベース・スキーマを使用します。
  • 各ランタイムは、固有のランタイム・データベース・スキーマを使用します。

異なるサーバーまたはクラスター内にランタイムと管理サービスがある非対称デプロイメント

図は、管理サービスとは異なるサーバーまたはクラスターにランタイムがデプロイされたトポロジーを示しています。

WAS ND のトポロジー

このトポロジーのデプロイメントの特徴は、以下のとおりです。

  • セルの 1 つまたは複数のサーバーまたはクラスターに、1 つまたは複数の管理コンポーネントをデプロイできます。* MobileFirst Operations Console の各インスタンスは、1 つの管理サービスおよび 1 つのライブ更新サービスと通信します。
  • セルの他のサーバーまたはクラスターに、1 つまたは複数のランタイムをデプロイできます。
  • 1 つの MobileFirst Operations Console が、セルの他のサーバーまたはクラスターにデプロイされた複数のランタイムを管理します。
  • 1 つのランタイムは、1 つの MobileFirst Operations Console のみによって管理されます。
  • 各管理サービスは、固有の管理データベース・スキーマを使用します。
  • 各ライブ更新サービスは、固有のライブ更新データベース・スキーマを使用します。
  • 各ランタイムは、固有のランタイム・データベース・スキーマを使用します。

このトポロジーは、ランタイムを管理コンポーネントや他のランタイムから分離できる点で有利です。これを使用して、パフォーマンスの分離、クリティカル・アプリケーションの分離、サービス・レベル・アグリーメント (SLA) の実装を行えます。

対称および非対称のデプロイメント

図は、クラスター 1 の対称デプロイメントと、クラスター 2 の非対称デプロイメントの例です。ランタイム 2 とランタイム 3 は、管理コンポーネントとは別のクラスターにデプロイされています。MobileFirst Operations Console は、クラスター 1 とクラスター 2 にデプロイされたランタイムを管理します。

WAS ND のトポロジー

このトポロジーのデプロイメントの特徴は、以下のとおりです。

  • セルの 1 つまたは複数のサーバーまたはクラスターに、1 つまたは複数の管理コンポーネントをデプロイできます。MobileFirst Operations Console の各インスタンスは、1 つの管理サービスおよび 1 つのライブ更新サービスと通信します。
  • セルの 1 つまたは複数のサーバーまたはクラスターに、1 つまたは複数のランタイムをデプロイできます。
  • 1 つの MobileFirst Operations Console が、セルの同一または他のサーバーまたはクラスターにデプロイされた複数のランタイムを管理できます。
  • 1 つのランタイムは、1 つの MobileFirst Operations Console のみによって管理されます。
  • 各管理サービスは、固有の管理データベース・スキーマを使用します。
  • 各ライブ更新サービスは、固有のライブ更新データベース・スキーマを使用します。
  • 各ランタイムは、固有のランタイム・データベース・スキーマを使用します。

JNDI プロパティーの構成

管理サービスとランタイム間の JMX 通信の有効化と、ランタイムを管理する管理サービスの定義のために必要な JNDI プロパティーがいくつかあります。これらのプロパティーについて詳しくは、MobileFirst Server 管理サービスの JNDI プロパティーのリストおよび MobileFirst ランタイムの JNDI プロパティーのリストを参照してください。

管理サービスとランタイムについて、以下のローカル JNDI プロパティーが必要です。

JNDI プロパティー
mfp.topology.platform WAS
mfp.topology.clustermode クラスター
mfp.admin.jmx.connector デプロイメント・マネージャーと接続するための JMX コネクター・タイプ。値には SOAP または RMI が可能です。SOAP がデフォルトで、推奨値です。SOAP ポートが使用不可の場合は、RMI を使用する必要があります。
mfp.admin.jmx.dmgr.host デプロイメント・マネージャーのホスト名。
mfp.admin.jmx.dmgr.port mfp.admin.jmx.connector の値に応じて、デプロイメント・マネージャーで使用される RMI または SOAP のポート。

複数の管理コンポーネントをデプロイして、異なる各ランタイムを管理する別々の管理コンポーネントで同じサーバーまたはクラスターを実行できるようにすることが可能です。

複数の管理コンポーネントがデプロイされる場合には、以下を指定する必要があります。

  • 各管理サービスで、ローカル mfp.admin.environmentid JNDI プロパティーの固有値。
  • 各ランタイムで、ローカル mfp.admin.environmentid の値。そのランタイムを管理する管理サービスに定義された値と同じもの。

管理サービス・アプリケーションにマップされた仮想ホストがデフォルトのホストでなければ、以下のプロパティーを管理サービス・アプリケーションに設定する必要があります。

  • mfp.admin.jmx.user: WebSphere Application Server 管理者のユーザー名
  • mfp.admin.jmx.pwd: WebSphere Application Server 管理者のパスワード

サーバー・ファームおよび WebSphere Application Server Network Deployment トポロジーでのリバース・プロキシーの使用

分散トポロジーでリバース・プロキシーを使用することができます。トポロジーでリバース・プロキシーを使用する場合は、管理サービスに必要な JNDI プロパティーを構成してください。

サーバー・ファームまたは WebSphere Application Server Network Deployment のトポロジーの前面に、IBM HTTP Server などのリバース・プロキシーを使用することができます。この場合、管理コンポーネントを適切に構成する必要があります。

以下のリバース・プロキシー呼び出しが可能です。

  • MobileFirst Operations Console にアクセスするときに、ブラウザーから呼び出す。
  • 管理サービスを呼び出すときに、ランタイムから呼び出す。
  • 管理サービスを呼び出すときに、MobileFirst Operations Console コンポーネントから呼び出す。

リバース・プロキシーが DMZ (ローカル・エリア・ネットワークを保護するためのファイアウォール構成) 内にあって、DMZ と内部ネットワークの間にファイアウォールが使用されている場合、このファイアウォールは、アプリケーション・サーバーからのすべての着信要求を許可する必要があります。

アプリケーション・サーバー・インフラストラクチャーの前面にリバース・プロキシーが使用される場合は、管理サービスの以下の JNDI プロパティーが定義されなければなりません。

JNDI プロパティー
mfp.admin.proxy.protocol リバース・プロキシーとの通信に使用するプロトコル。HTTP または HTTPS が可能です。
mfp.admin.proxy.host リバース・プロキシーのホスト名。
mfp.admin.proxy.port リバース・プロキシーのポート番号。

リバース・プロキシーの URL を参照する mfp.admin.endpoint プロパティーも、MobileFirst Operations Console について必要です。

MobileFirst Server プッシュ・サービスでの制約

プッシュ・サービスは、管理サービスまたはランタイムと同じアプリケーション・サーバーに配置することもできますし、別のアプリケーション・サーバーに配置することもできます。クライアント・アプリがプッシュ・サービスに接続するために使用する URL は、クライアント・アプリがランタイムに接続するために使用する URL と同じです。ただし、ランタイムのコンテキスト・ルートは imfpush に置換されます。プッシュ・サービスを、ランタイムと異なるサーバーにインストールした場合、HTTP サーバーは、/imfpush コンテキスト・ルートへのトラフィックを、プッシュ・サービスが実行されているサーバーに送信する必要があります。

インストール済み環境をトポロジーに適合させるために必要な JNDI プロパティーについて詳しくは、『MobileFirst Server 管理サービスから MobileFirst Server プッシュ・サービスおよび許可サーバーへ』を参照してください。プッシュ・サービスは、コンテキスト・ルート /imfpush を使用してインストールする必要があります。

複数の Mobile Foundation ランタイム

複数のランタイムをインストールすることができます。各ランタイムは、独自のコンテキスト・ルートを持つ必要があります。また、これらのランタイムはすべて、同じ MobileFirst Server 管理サービスおよび MobileFirst Operations Console により管理されます。

MobileFirst Server 管理サービス、MobileFirst Server ライブ更新サービス、および Mobile Foundation ランタイムでの制約に説明された制約が適用されます。各ランタイム (およびそのコンテキスト・ルート) は、独自のデータベース表を持つ必要があります。

詳しくは、複数ランタイムの構成を参照してください。

同じサーバーまたは WebSphere Application Server セルにおける MobileFirst Server の複数インスタンス

共通の環境 ID を定義することで、MobileFirst Server の複数インスタンスを同じサーバーにインストールすることができます。

MobileFirst Server 管理サービス、MobileFirst Server ライブ更新サービス、および Mobile Foundation ランタイムの複数インスタンスを、同じアプリケーション・サーバーまたは WebSphere Application Server セルにインストールできます。ただし、管理サービスおよびランタイムの変数である JNDI 変数 mfp.admin.environmentid でそれらのインストール済み環境を識別する必要があります。管理サービスは、同じ環境 ID を持つランタイムのみを管理します。このため、mfp.admin.environmentid に対して同じ値を持つランタイム・コンポーネントと管理サービスのみが、同じインストール済み環境の一部とみなされます。

Last modified on November 23, 2017