Android での SMS 通知の処理

improve this page | report issue

概説

SMS 通知は、プッシュ通知のサブセットです。したがって、最初に、Android でのプッシュ通知チュートリアルを必ずお読みください。

前提条件

ジャンプ先:

通知 API

SMS 通知では、デバイスを登録するときに電話番号値が渡されます。

チャレンジ・ハンドラー

push.mobileclient スコープがセキュリティー検査にマップされる場合、プッシュ API を使用する前に、一致するチャレンジ・ハンドラーが存在し、登録済みであることを確認する必要があります。

初期化

クライアント・アプリケーションが、正しいアプリケーション・コンテキストの MFPPush サービスに接続するために必要です。

  • 最初に API メソッドを呼び出してから、その他の MFPPush API を使用する必要があります。
  • 受け取ったプッシュ通知を処理するコールバック関数を登録します。
MFPPush.getInstance().initialize(this);

デバイスの登録

デバイスをプッシュ通知サービスに登録します。

MFPPush.getInstance().registerDevice(new MFPPushResponseListener<String>() {
    @Override
    public void onSuccess(String s) {
        // Successfully registered
    }

    @Override
    public void onFailure(MFPPushException e) {
        // Registration failed with error
    }
}, optionObject);
  • optionObject: デバイスを登録するときに使用する電話番号を含んでいる JSONObject です。例えば、次のとおりです。
JSONObject optionObject = new JSONObject();
try {
    // Obtain the inputted phone number.
    optionObject.put("phoneNumber", editPhoneText.getText().toString());
}
catch(Exception ex) {
    ex.printStackTrace();
}

プッシュ・デバイス登録 (POST) REST API を使用してデバイスを登録することもできます。

デバイスの登録抹消

プッシュ通知サービス・インスタンスからデバイスを登録抹消します。

MFPPush.getInstance().unregisterDevice(new MFPPushResponseListener<String>() {
    @Override
    public void onSuccess(String s) {
        disableButtons();
        // Unregistered successfully
    }

    @Override
    public void onFailure(MFPPushException e) {
        // Failed to unregister
    }
});

SMS サブスクライブ・サーブレットの使用

登録済みデバイスに通知を送信するときは REST API が使用されます。すべての形式の通知 (タグ通知、ブロードキャスト通知、および認証済み通知) を送信できます。

通知を送信するために、POST を使用して REST エンドポイントへの要求が行われます (imfpush/v1/apps/<application-identifier>/messages)。
URL の例を以下に示します。

https://myserver.com:443/imfpush/v1/apps/com.sample.sms/messages

すべてのプッシュ通知 REST API を確認するには、ユーザー資料の REST API ランタイム・サービスのトピックを参照してください。

通知を送信するには、通知の送信チュートリアルを参照してください。

サンプル・アプリケーションのイメージ

サンプル・アプリケーション

ここをクリック して Android プロジェクトをダウンロードします。

注: サンプルを実行するには、Android デバイス上に最新バージョンの Google Play Services がインストールされている必要があります。

サンプルの使用法

サンプルの README.md ファイルの指示に従ってください。

Last modified on February 27, 2017