MobileFirst サーバー、実行時のメッセージおよびコンソール・メッセージ

improve this page | report issue

概説

Mobile Foundation Server で発生する可能性のある問題の解決に役立つ情報を見つけることができます。

Mobile Foundation のランタイム・メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 0000-0012

エラー・コード 説明
FWLSE0000E 許可付与 {0} を一時ストレージに保存できませんでした。
FWLSE0001E クライアント {0} の取得に失敗しました。
FWLSE0002E 無効な要求、パラメーターが欠落しているか無効です: {0}。
FWLSE0003E 付与タイプ {0} はサポートされません。。
FWLSE0004E リダイレクト URI は許可エンドポイントに渡されました: {0}。トークン・エンドポイントには渡されていません。
FWLSE0005E リダイレクト URI が矛盾しています。 許可エンドポイント: {0}、トークン・エンドポイント: {1}。
FWLSE0006E トークン要求の付与コードの構文解析に失敗しました: {0}。
FWLSE0007E 付与コードの検証に失敗しました。 付与コード {0} はクライアント ID {1} に提供されましたが、クライアント ID {2} に使用されました。
FWLSE0008E アクセス・トークンの構文解析アクションで例外が発生し失敗しました。
FWLSE0009E アクセス・トークンに署名できません。
FWLSE0010E JWT を検証できません、サーバーの鍵ストアでエラーが発生しました。
FWLSE0011E JWT を検証できません。{0}。
FWLSE0012E クライアント JWT の認証に失敗しました。jti が無効です。

Java アダプターのメッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 0290-0299

エラー・コード 説明
FWLSE0290E JAXRS アプリケーション・クラス: {0} は見つからなかったか、ロードできませんでした。。 アダプターの xml ファイルでクラス名が正しいこと、および当該クラスがアダプターの bin フォルダー、またはアダプターの lib フォルダーの中の jar 内に実際に存在することを確認してください。
FWLSE0291E JAXRS アプリケーション・クラス: {0} をインスタンス化できません。 クラスにパブリックのゼロ引数コンストラクターがあることを確認してください。 コンストラクターがある場合、サーバー・ログを参照して、インスタンス作成の失敗の根本原因を確認してください。
FWLSE0292E JAXRS アプリケーション・クラス: {0} は javax.ws.rs アプリケーションを拡張する必要があります。
FWLSE0293E アダプターのデプロイメントが失敗しました。 プロパティー・タイプ {0} はサポートされていません。
FWLSE0294E アダプターのデプロイメントが失敗しました。 値 {0} は、タイプ {1} に対して正しくありません。
FWLSE0295E アダプター構成のデプロイメントに失敗しました。 プロパティー {0} はアダプター {1} で定義されていません。
FWLSE0296E アダプター構成のデプロイメントに失敗しました。 プロパティー {0} はアダプター {1} に対して無効です。
FWLSE0297W アダプター {0} の Swagger ドキュメンテーションの生成に失敗しました。
FWLSE0298W アダプター {1} のプロシージャー {0} の「connectAs」属性が「enduser」に設定されています。 この機能はサポートされていません。
FWLSE0299E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 プロパティー {0} は存在しません。

プレフィックス: FWLSE
範囲: 0500-0506

エラー・コード 説明
FWLSE0500E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 パラメーター {0} は整数である必要があります。
FWLSE0501E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 パラメーター {0} は正の値である必要があります。
FWLSE0502E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 パラメーター {0} は範囲外です。
FWLSE0503E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 パラメーター {0} はブール値である必要があります。
FWLSE0504E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 {0} は http または https のいずれかである必要があります。
FWLSE0505E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 Cookie ポリシー {0} はサポートされていません。
FWLSE0506E アダプターの接続構成のデプロイメントが失敗しました。 パラメーター {0} はストリング値である必要があります。

登録メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 4200-4229

エラー・コード 説明
FWLSE4200E デバイス・アプリケーションの状況の変更に失敗しました。
FWLSE4201E デバイスの状況の変更に失敗しました。
FWLSE4202E デバイスの取得に失敗しました。
FWLSE4203E デバイスの削除に失敗しました。
FWLSE4204E デバイスに関連付けられたクライアントの取得に失敗しました。
FWLSE4205E pageInfo : {0} の getAll が失敗しました。
FWLSE4206E GetByAttributes が失敗しました。
FWLSE4207E データを永続データに変換できませんでした。
FWLSE4208E クライアント {0} の読み取りに失敗しました。
FWLSE4209E デバイスの表示名の更新に失敗しました。
FWLSE4210E 署名を作成できません。
FWLSE4211E クライアントの登録データが適切に取得されなかったため、その保存に失敗しました。 クライアント ID: {0}。
FWLSE4212E すべてのデバイス・クライアントで表示名の更新に失敗しました。
FWLSE4213E クライアント JWT の認証に失敗しました - 公開鍵が一致しません。
FWLSE4214E クライアント・データがヌルです。これは、クライアント・データがたった今アーカイブ (削除) された場合に発生することがあります。
FWLSE4215E コンソールへのアクセスを複数回試みましたが、アクセスできませんでした。
FWLSE4216E デバイス ID : {0} に対する GetDeviceClientsError が発生しました。
FWLSE4217E pageStart: {0} および pageSize: {1} でのデバイスの取得でエラーが発生しました。
FWLSE4218E 名前: {0}、pageStart: {1} および pageSize: {2} でのデバイスの取得でエラーが発生しました。
FWLSE4219E デバイス ID : {0} に対する RemoveDeviceError が発生しました。
FWLSE4220E クライアント {0} の Web キーの作成に失敗しました。
FWLSE4221E pageInfo: {0}、searchMethod: {1}、および filter: {2} でのデバイスの検索に失敗しました。
FWLSE4222E クライアントの登録に失敗しました - 署名が無効です。
FWLSE4223E クライアントの登録に失敗しました 。アプリケーションが無効です。 エラー: {0}。
FWLSE4224E 登録要求の処理に失敗しました。
FWLSE4225E 自己登録の更新要求が無効です。クライアントの署名を確認できませんでした。
FWLSE4226E 登録の更新時にアプリケーションの認証に失敗しました。更新が失敗しました {0}。
FWLSE4227E 登録の更新に失敗しました。
FWLSE4228E 登録時に applyRegistrationValidations が失敗しました。クライアント {0} を削除します。
FWLSE4229W 初期化されたクライアント・コンテキストの再読み取りを行います。変更が失われる可能性があります。

アプリケーション・メッセージ

プレフィックス: FWLST
範囲: 0100-0106

エラー・コード 説明
FWLST0100E ダイレクト・アップデートのセキュリティーが関連付けられたことのないアプリケーションへのダイレクト・アップデートにアクセスしようとしました。
FWLST0101E 名前: {0} のアプリケーションは見つかりませんでした。
FWLST0102E 次の理由でダイレクト・アップデートを完了できません: {0}。
FWLST0110E ネイティブ・アップデートのセキュリティーが関連付けられたことのないアプリケーションへのネイティブ・アップデートにアクセスしようとしました。
FWLST0111E 名前: {0} のアプリケーションは見つかりませんでした。
FWLST0112E 次の理由でネイティブ・アップデートを完了できません: {0}。
FWLST0120E モデル・アップデートのセキュリティーが関連付けられたことのないアプリケーションへのモデル・アップデートにアクセスしようとしました。
FWLST0121E 名前: {0} のアプリケーションは見つかりませんでした。
FWLST0122E 次の理由でモデル・アップデートを完了できません: {0}。
FWLST0103E 無効なクライアント・ログ・プロファイルです。レベルはヌルにはできません。
FWLST0104E 無効なクライアント・ログ・プロファイルです。複数のグローバル・プロファイルが見つかりました。
FWLST0105E 次の理由でユーザー・ログ・ファイルをアップロードできません: {0}。
FWLST0106E アプリケーション・デプロイメントが失敗しました。 {0} アプリケーション ID は正しくありません。 アプリケーション ID には、a から z まで、A から Z まで、_ から . までの文字のみを含めることができます。

JavaScript アダプターのメッセージ

プレフィックス: FWLST
範囲: 0900-0906

エラー・コード 説明
FWLST0900E アダプター・ディスクリプターのデプロイメントに失敗しました。 鍵ストアが無効です。
FWLST0901W SSL エイリアス {0} は鍵ストア内に存在しません。 鍵ストアを必要とするバックエンドの呼び出しは失敗します。
FWLST0902W SSL エイリアスはディスクリプター内に存在しますが、パスワードがありません。 鍵ストアを必要とするバックエンドの呼び出しは失敗します。
FWLST0902W SSL パスワードはディスクリプター内に存在しますが、エイリアスがありません。 鍵ストアを必要とするバックエンドの呼び出しは失敗します。
FWLST0903W SSL エイリアスとパスワードが無効です。 鍵ストアを必要とするバックエンドの呼び出しは失敗します。
FWLST0904E プロシージャー: {0} をアダプター: {1} で呼び出し中に例外がスローされました。
FWLST0905E アダプターのデプロイメントが失敗しました。 SQL ドライバー {0} はアダプター・リソース内で見つかりませんでした。
FWLST0906E SQL {0} の呼び出し中に例外がスローされました。

プレフィックス: FWLSE

エラー・コード 説明
FWLSE0014W パラメーター {0} は不明であり無視されます。
FWLSE0152E エイリアス: {0} の証明書チェーンを見つけることができません。
FWLSE0207E HTTP 応答の入力ストリームの読み取りに失敗しました。
FWLSE0299W 要求: {0} の応答は 0 ms で返されました。 HTTP メッセージ・フローの調査が必要です。
FWLSE0310E JSON の構文解析が失敗しました。
FWLSE0311E XML の構文解析または変換が失敗しました。
FWLSE0318I {0}。
FWLSE0319W バックエンド応答のコンテンツ・タイプ {0} は予期されるコンテンツ・タイプ {1} と一致しませんでした。応答の処理を続けます。 要求と応答のヘッダーとボディ: {2}。
FWLSE0330E WebSphere の SSL コンテキストを初期化できません。

コア・メッセージ

プレフィックス: FWLST

エラー・コード 説明
FWLST3022W フォルダー {0} は書き込み不可能です。 ユーザー・ベースのホーム・ディレクトリーを使用します。
FWLST3023E プロジェクト {0} の開始に失敗しました: ディレクトリー {1} を作成できませんでした。
FWLST3024I MFP サーバーはフォルダー {0} をファイル・システム・キャッシュとして使用しています。
FWLST3025W レジストリー構成の URL が空のため、MFP サーバーのアナリティクス・リポートは使用不可です。
FWLST3026W アナリティクス・サービスを呼び出し中にMFP サーバーでエラーが発生しました: {0}。
FWLST3027I 構成が変更されました。 アナリティクス・サーバーは {0} で使用可能になりました。
FWLST4047W 製品のバージョンを見つけることができませんでした。 ファイル: {0} およびプロパティー: {1} で検索しました。
FWLST4048W ランタイム・バージョンを見つけることができませんでした。 ファイル: {0} およびプロパティー: {1} で検索しました。

セキュリティー・メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 4010-4068

エラー・コード 説明
FWLSE4010E 鍵ストアのデプロイメント zip ファイルを読み取ることができません。
FWLSE4011E zip ファイルに鍵ストア・ファイルが含まれていません。
FWLSE4012E zip ファイルにプロパティー・ファイルが含まれていません。
FWLSE4016E 鍵ストア証明書アルゴリズムのタイプが RSA ではありません。 コンソール・ガイドに従って RSA アルゴリズムの鍵ストアを作成してください。
FWLSE4017E 鍵ストアを作成できません。 鍵ストア: タイプ: {0}。
FWLSE4018E 一部の暗号アルゴリズムはこの環境でサポートされていません。 鍵ストア: タイプ: {0}。
FWLSE4019E この例外は証明書のさまざまな問題のうちの 1 つを示しています。 鍵ストア: タイプ: {0}。
FWLSE4021E 鍵ストアを作成できません。 パス: タイプ: {0}。
FWLSE4022E 鍵ストアから鍵を復旧できません。 鍵ストア: タイプ: {0}。
FWLSE4023E 鍵ストアから秘密鍵を抽出できません。エイリアスが無効か欠落しています。 エイリアス: {0}。
FWLSE4024W このアダプターのセキュリティー検査 {0} の構成が重複しています。 使用された構成: {1}。
FWLSE4025W セキュリティー検査 {0} は別のアダプターで既に構成されています。新規構成は使用されません。
FWLSE4026E セキュリティー検査 {0} のクラス {1} は見つかりませんでした。
FWLSE4027E セキュリティー検査 {0} を作成できません。 クラス: {1}、エラー: {2}。
FWLSE4028E セキュリティー検査 {0} のクラス {1} は SecurityCheck インターフェースを実装していません。
FWLSE4029E 真正性データのデプロイメントに失敗しました。 エラー・メッセージ: {0}。
FWLSE4030E スコープ・エレメント {0} に対し重複したスコープ・エレメント・マッピングが見つかりました。使用されたマッピング: {1}。
FWLSE4031E セキュリティー検査 {0} に対し重複したセキュリティー検査構成が見つかりました。
FWLSE4032E アプリケーション {0} のアプリケーション・ディスクリプターにはセキュリティー検査 {1} の構成が含まれています。 セキュリティー検査が欠落しているか、セキュリティー検査を削除しようとしました。
FWLSE4033E アプリケーション {0} のアプリケーション・ディスクリプターにはセキュリティー検査 {1} の構成が含まれています。 セキュリティー検査の構成を適用できませんでした。
FWLSE4034E セキュリティー検査 {0} にはパラメーター {1} に対する構成エラーがあります: {2}。
FWLSE4035W セキュリティー検査「{0}」にはパラメーター {1} に対する構成警告があります: {2}。
FWLSE4036W アプリケーション {0} のアプリケーション・ディスクリプターには必須アプリケーション・スコープ {1} の構成が含まれています。 1 つ以上のスコープ・エレメントが欠落しているか、スコープ・エレメントを削除しようとしました。
FWLSE4037E セキュリティー検査 {0} はスコープ・エレメント・マッピングと同じ名前にすることはできません。
FWLSE4038E アプリケーション {0} のアプリケーション・ディスクリプターには、セキュリティー検査 {2} にマップされたスコープ {1} の構成が含まれています。 セキュリティー検査が欠落しているか、セキュリティー検査を削除しようとしました。
FWLSE4039W 空のスコープ・エレメントはマップできません。 次にマップしようとしました: {0}。
FWLSE4040E アダプター構成の {0} フィールドは正しくフォーマットされていません。
FWLSE4041W スコープ・エレメント {0} には正しくない文字が使用されています。 正しい文字は、英数字、「-」および「_」です。
FWLSE4042I パラメーター {1} のセキュリティー検査 {0} の構成: {2} です。
FWLSE4043E アプリケーションのトークンの最大有効期限は正の値である必要があります。 次が構成されました: {0}。
FWLSE4044I ユーザー {0} は Ltpa ベースの SSO セキュリティーを介して認証済みです。
FWLSE4045I ユーザーは Ltpa ベースの SSO セキュリティーを介して認証されていません。
FWLSE4046 登録が例外により失敗したためデバイスが使用不可であるか確認しています。
FWLSE4047: アプリケーション {0} の最大トークンの有効期限値は有効期限の限度を超えています。 値: {1}、有効期限の限度: {2}。
FWLSE4048E 外部 AZ サーバー {0}でのアクセス・トークンの検証に失敗しました。
FWLSE4049E セキュリティー検査の順序付けに失敗しました。
FWLSE4050E 無効なクライアント・データです。
FWLSE4051E アプリケーションは存在しません。
FWLSE4052E 外部のセキュリティー検査の読み取りに失敗しました。 クライアント: {0} のコンテキストを初期化しました。
FWLSE4053E セキュリティー検査は存在しません - {0}。
FWLSE4054E セキュリティー検査の外部化に失敗しました。 クライアント: {0} 用のセキュリティー検査を削除します。
FWLSE4055E スコープの有効期限の取得に失敗しました。0 が返されました。
FWLSE4056E 例外でイントロスペクションが失敗しました。
FWLSE4057E 予期しないトークン検証結果です: {0}。
FWLSE4058E ヘッダーとペイロードのエンコード中にエラーが発生しました。
FWLSE4059E デコードされたヘッダーからのヘッダー・オブジェクトの作成に失敗しました: {0}。
FWLSE4060E デコードされたペイロードからのペイロード・オブジェクトの作成に失敗しました: {1}。
FWLSE4061E header64 + payload64 のエンコード中にエラーが発生しました。
FWLSE4062E 署名用にヘッダーをエンコード中またはヘッダーの作成中にエラーが発生しました。
FWLSE4063E ペイロードのエンコード中にエラーが発生しました。
FWLSE4064E クライアントに対しスコープ {0} は許可されていません。
FWLSE4065E 不正なクライアントです。
FWLSE4066E Swagger UI でのみ暗黙付与フローを使用できます。
FWLSE4067E 不正なクライアントです。
FWLSE4068E 不正なクライアントです。

サーバー永続性メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 3000-3009

エラー・コード 説明
FWLSE3000E 名前: {0} および {1} に対するデータ・ソースの JNDI バインディングは見つかりませんでした。
FWLSE3001E リストを json 配列にシリアライズできません。
FWLSE3002E 永続データ項目を作成できません: {0}。
FWLSE3003E JSON 配列のデシリアライゼーションの問題です。
FWLSE3004E CLOB 値列を読み取ることができません。
FWLSE3005E リストを json 配列にシリアライズできません。
FWLSE3006E トランザクション:{0} を開始できませんでした。
FWLSE3007E 予期しないエラーが発生しました。
FWLSE3008E ハッシュを生成できませんでした。
FWLSE3009E トランザクションをコミットしようとしたときにエラーが発生しました。

サーバー war メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 3100-3103

エラー・コード 説明
FWLSE3100E 認識されない許可サーバー・モードです: {0}。
FWLSE3101E JNDI エントリー {0} は見つかりませんでした。許可サーバー・モードは不明です。
FWLSE3102I クラス {0} のアノテーションの収集に失敗しました。 Swagger UI では一部のスコープが欠落する場合があります。
FWLSE3103I Bean {0} のクラスの判定に失敗しました。 Swagger UI では一部のスコープが欠落する場合があります。
FWLSE3103I 組み込み許可サーバーから開始します。
FWLSE3103I 外部許可サーバーの統合から開始します。

ライセンス・メッセージ

プレフィックス: FWLSE

エラー・コード 説明
FWLSE0277I ファイル {0} 内に ILMT レコードを作成しています。
FWLSE0278I デフォルトの ILMT ディレクトリー {0} を使用できません。
FWLSE0279E ILMT レコードの作成に失敗しました。
FWLSE0280I 環境変数 {0} によって ILMT デバッグ・モードがアクティブになりました。
FWLSE0281E ILMT ロガーの作成に失敗しました。
FWLSE0282I ILMT ディレクトリー {0} を使用します。
FWLSE0283E ILMT ディレクトリーは準拠していません。 「license_metric_logger.properties」ファイルの「license.metric.logger.output.dir」というプロパティーに適切なディレクトリーを設定し、JVM プロパティー「-Dlicense_metric_logger_configuration=<path to license_metric_logger.properties>」を使用します。
FWLSE0284E この {0} インスタンスを実行している場所のパスの取得に失敗しました。 これは ILMT に準拠していません。
FWLSE0286I 予期しない例外が発生しました。
FWLSE0287E ILMT ロガーが正しく初期化されていないため、ILMT レコードの作成に失敗しました。 これは ILMT に準拠していません。 ログ・ファイルを確認して、初期化エラーの原因を見つけてください。
FWLSE0367E ライセンス・レポート・データが欠落しています。 ILMT レコードの作成に失敗しました

消去メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 0290-0292

FWLSE0290I {0} 件のレコードの削除を {1} ms で完了しました。
FWLSE0291I {0} 件のバッチの削除を {1} ms で完了しました。
FWLSE0292I 永続データの削除は、{0} 日よりも古いレコードに対して推奨されています。

その他のメッセージ

プレフィックス: FWLSE

FWLSE0211W 推奨デコミッショニング間隔 ({0}) は 86400 秒であり、これは 1 日に相当します。
FWLSE0801E パスワード・デコード・ユーティリティー com.ibm.websphere.crypto.PasswordUtil は使用できません。 {0} では暗号化パスワードをサポートできません。
FWLSE0802E {0} のパスワードをデコードできません。
FWLSE0803E ID {0} のメッセージをバンドル {1} 「+」で見つけることができません。 エラー:{2}。
FWLSE0802E {0} のパスワードをデコードできません。

Mobile Foundation Administration サービスのメッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 3000-3299

エラー・コード 説明
FWLSE3000E サーバー・エラーが検出されました。
FWLSE3001E 矛盾が検出されました。
FWLSE3002E リソースは見つかりませんでした。
FWLSE3003E ランタイムのペイロードに名前が含まれていないため、ランタイムを追加できません。
FWLSE3010E データベース・エラーが検出されました。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、データベースを誤って構成します。
FWLSE3011E JNDI プロパティー mfp.admin.proxy.port のポート番号「{0}」は無効です。

{0} はポート番号です、例えば 9080。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、JNDI プロパティー mfp.admin.proxy.port を無意味な値に設定します。 次にオペレーション・コンソールを開きます。 メッセージは、サーバー・ログに次第に表示されます。
FWLSE3012E JMX 接続エラーです。 理由:「{0}」。 詳細については、アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

{0} は、Web サーバーの JMX プロトコルからのエラー・メッセージです。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、JMX を誤って構成して、例外がスローされるようにします。
FWLSE3013E トランザクション・ロックの取得の試行で {0} ミリ秒経過しタイムアウトになりました。

{0} はミリ秒数、例えば 32000 です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上、これは不安定または低速なネットワークを介してデータベースに接続している場合に発生します。
FWLSE3017E データベース・エラーが検出されました: {0}。 理由: {1}

{0} は Cloudant からのエラー・メッセージです。
{1} は、Cloudant からの理由メッセージです。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、Cloudant を誤って構成します。
FWLSE3018E Cloudant の操作は {0} ミリ秒以内に完了しませんでした。

{0} はミリ秒数、例えば 32000 です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、Cloudant DB を使用し、JNDI プロパティー mfp.db.cloudant.documentOperation.timeout を 1 に設定します。Cloudant への接続が遅い場合、オペレーション・コンソールを開きます。 メッセージは、サーバー・ログに次第に表示されます。
FWLSE3019E トランザクション・ロックを取得できません。 理由: {0}

{0} は、外部から返された例外メッセージです。 任意のストリング値です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、Cloudant にファームがあり、ロッキング操作の実行中にロッキング・マスターをシャットダウンすることによって再現できます。 次にオペレーション・コンソールを開きます。 メッセージは、サーバー・ログに次第に表示されます。
FWLSE3021E トランザクション・ロックの取得の試行で {0} ミリ秒経過しタイムアウトになりました。 {1} プロパティーの値を増加してください。

{0} はミリ秒数、例えば 32000 です。
{1} は、タイムアウトが発生した JNDI プロパティーの名前です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上、これは不安定または低速なネットワークを介してデータベースに接続している場合に発生します。
FWLSE3030E ランタイム「{0}」は MobileFirst 管理データベース内に存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

ここで: {0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。

このエラーは、MobileFirst Server がデータベースに保存されているランタイムをロードできない場合に発生します。 このメッセージの発生に対応するために APAR PI71317 がリリースされました。 サーバーのフィックス・レベルが iFix 8.0.0.0-IF20170125-0919 より前の場合、最新版の iFix にアップグレードしてください。
FWLSE3031E ランタイム「{0}」はまだ実行中のため追加または削除できません。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
FWLSE3032E ランタイム「{0}」は既に存在するため追加できません。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
FWLSE3033E ランタイムが空の場合にのみ削除するように要求しましたが、ランタイム「{0}」は空ではありません。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、アプリケーションをまだ含んでいる停止中のランタイムを削除します。
FWLSE3034E ランタイム「{0}」のアプリケーション「{1}」は MobileFirst 管理データベース内に存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
FWLSE30302E ランタイム「{0}」のアプリケーション「{1}」のライセンス構成は MobileFirst 管理データベース内に存在しません。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
FWLSE30303E ランタイム「{0}」のアプリケーション「{1}」が MobileFirst 管理データベース内に存在するか、ライセンス構成が存在しないため、ライセンス構成を削除できません。
{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
FWLSE30035E アプリケーション「{1}」はランタイム「{0}」内に既に存在するため追加できません。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
単体テストでのみ発生します。
FWLSE3035E ランタイム「{0}」で、環境が「{2}」のアプリケーション「{1}」は MobileFirst 管理データベース内に存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
{2} は環境名: android、ios、… です。
FWLSE30304E ランタイム「{0}」で、環境が「{2}」およびバージョンが「{3}」のアプリケーション「{1}」の AppAuthenticity データは MobileFirst 管理データベース内に存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
{2} は環境名: android、ios、… です。
FWLSE3036E ランタイム「{0}」で、環境が「{2}」およびバージョンが「{3}」のアプリケーション「{1}」は MobileFirst 管理データベース内に存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
{2} は環境名: android、ios、… です。
{3} はバージョン: 1.0、2.0、… です。
FWLSE3037E バージョン「{2}」の環境「{1}」はアプリケーション「{0}」内に既に存在するので追加できません。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
{1} は環境名: android、ios、… です。
{2} はバージョン: 1.0、2.0、… です。

再現するためのステップ:
単体テストでのみ発生します。
FWLSE3038E ランタイム「{0}」のアダプター「{1}」は MobileFirst 管理データベース内に存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。 {1} はアダプターの名前 (任意のストリング値) です。
FWLSE3039E: アダプター「{0}」はランタイム「{1}」内に既に存在するため追加できません。
{0} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。 {1} はアダプターの名前 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
単体テストでのみ発生します。
FWLSE3040E 構成プロファイル「{0}」は MobileFirst 管理データベース内のいずれのランタイムにおいても検出されませんでした。 データベースが破損している可能性があります。

{0} は構成プロファイルの ID (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、存在しないクライアント構成プロファイルを削除したときにトレース・ログで発生する場合があります。
FWLSE3045E {0} の管理用の MBean は見つかりませんでした。

{0} は「MobileFirst」という単語です。

再現するためのステップ:
困難。
FWLSE3041E {0} プロジェクト「{1}」に対する MBean は見つかりませんでした。 {0} プロジェクト「{1}」の {0} ランタイム Web アプリケーションが実行されていない可能性があります。 実行中の場合は、JConsole を使用して、使用可能な MBeans を検査します。 実行されていない場合は、サーバーのログ・ファイルにエラーの詳細が提供されます。

{0} は「MobileFirst」という単語です。 {1} はプロジェクト/ランタイムの名前 (任意のストリング値) です。
FWLSE3042E MBean 「{0}」との通信エラーが発生しました。 アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

{0} は、MBean の正規 ID であり、ストリングです。

再現するためのステップ:
困難。 6.2 worklight-jee-library を 7.1 MobileFirst サーバーにインストールした場合に発生することがあります。
FWLSE3043E 名前「{0}」の MBean はもう存在しません。 アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

{0} は、MBean の正規 ID であり、ストリングです。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、デプロイメント操作の実行中にサーバーをシャットダウンした場合にサーバー・ファームで発生します。
FWLSE3044E 「{1}」という名前の MBean は予期される操作をサポートしていません。 {0} ランタイム・バージョンが管理サービスと同じであることを確認してください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。 {1} は、MBean の正規 ID であり、ストリングです。

再現するためのステップ:
困難。 6.2 worklight-jee-library を 7.1 MobileFirst サーバーにインストールした場合に発生することがあります。
FWLSE3050E MBean の操作は不明なタイプを返しています。 {0} ランタイム・バージョンが管理サービスと同じであることを確認してください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。

再現するためのステップ:
困難。 6.2 worklight-jee-library を 7.1 MobileFirst サーバーにインストールした場合に発生することがあります。
FWLSE3051E ペイロードが無効です。 詳細については追加メッセージを参照してください。
FWLSE3052E 次のペイロードは認識されていません: 「{0}」。

{0} は抽出された JSON 構文のペイロード、例えば「{ a : 0 }」です。
FWLSE3053E パラメーターが無効です。 詳細については追加メッセージを参照してください。
FWLSE3061E wlapp ファイルのファイル「{1}」で参照されている環境「{0}」は不明です。 アプリケーションが正しくビルドされたことを確認してください。

{0} は環境: android、ios です。 {1} はファイル名です。
FWLSE3063E ** wlapp ファイルに「{0}」フォルダーが含まれていないため、アプリケーションをデプロイすることができません。 アプリケーションが正しくビルドされたことを確認してください。**

{0} は、例えば「meta」などのフォルダー名です。

再現するためのステップ:
meta フォルダーが含まれていない wlapp をデプロイします。
FWLSE3065E ** wlapp ファイルに「{0}」フィールドが含まれていないため、アプリケーションをデプロイすることができません。 アプリケーションが正しくビルドされたことを確認してください。**

{0} は、例えば「app.id」などの必須フィールドです。
FWLSE3066E アプリケーション・バージョン「{2}」は {0} ランタイムのバージョン「{3}」と異なるため、アプリケーションをデプロイすることができません。 \n {1}「{4}」を使用してアプリケーションをビルドおよびデプロイしてください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。{2} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。 {3} はランタイム・バージョン、{4} は必要な studio のバージョンです。
FWLSE3067E アプリケーション・バージョンは、 {0} ランタイムのバージョン「{2}」よりも古いため、アプリケーションをデプロイすることができません。 \n {1}「{3}」を使用してアプリケーションをビルドおよびデプロイしてください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。 {2} はランタイム・バージョン、{3} は必要な studio のバージョンです。
FWLSE3068E アダプター・バージョン「{2}」は {0} ランタイムのバージョン「{3}」と異なるため、アダプターをデプロイすることができません。 \n {1}「{4}」を使用してアダプターをビルドおよびデプロイしてください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。{2} はアダプター・バージョン: 1.0、2.0、…です。 {3} はランタイム・バージョン、{4} は必要な studio のバージョンです。
FWLSE3069E アダプター・バージョンは、 {0} ランタイムのバージョン「{2}」よりも古いため、アダプターをデプロイすることができません。 \n {1}「{3}」を使用してアダプターをビルドおよびデプロイしてください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。 {2} はランタイム・バージョン、{3} は必要な studio のバージョンです。
FWLSE3070E 環境「{2}」、バージョン「{3}」のアプリケーション「{1}」はロックされているため、アプリケーションの更新は失敗しました。 {0} オペレーション・コンソールを使用してアンロックすることができます。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{2} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {3} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。
FWLSE3071E 同じ名前のネイティブ・アプリケーションが既に存在するため、ハイブリッド・アプリケーション「{0}」をデプロイできません。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
同じ名前のネイティブ・アプリケーションとハイブリッド・アプリケーションを作成し、両方をオペレーション・コンソールにデプロイします。
FWLSE3072E 同じ名前のハイブリッド・アプリケーションが既に存在するため、ネイティブ・アプリケーション「{0}」をデプロイできません。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
同じ名前のネイティブ・アプリケーションとハイブリッド・アプリケーションを作成し、両方をオペレーション・コンソールにデプロイします。
FWLSE3073E アプリケーション「{1}」、バージョン「{2}」内で Adobe Air インストーラー・ファイルが見つかりませんでした。 \n {0} を使用して、このアプリケーション用の wlapp ファイルを再ビルドしデプロイしてください。

{0} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{2} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。

再現するためのステップ:
Adobe アプリケーションが破損しているときに発生します。
FWLSE3074W 環境が「{1}」およびバージョンが「{2}」のアプリケーション「{0}」のロックが適切に更新されましたが、環境「{1}」はダイレクト・アップデートをサポートしていないので、この設定はこの環境に影響しません。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{1} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {2} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。

再現するためのステップ:
困難。
FWLSE3075W 環境が「{1}」およびバージョンが「{2}」のアプリケーション「{0}」のアプリケーション認証ルールが適切に更新されましたが、この環境はアプリケーションの真正性検査をサポートしていないので、この設定はアプリケーション「{0}」環境「 {1} 」に影響しません。 このアプリケーション環境でこのサポートを有効にするには、application-descriptor.xml で、authenticationConfig.xml に定義されたセキュリティー構成を宣言します。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{1} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {2} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。

再現するためのステップ:
困難。
FWLSE3076W 環境が「{1}」およびバージョンが「{2}」のアプリケーション「{0}」は以前のデプロイメントから変更されていないため、デプロイされませんでした。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{1} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {2} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、全く同じ (正しい) wlapp をオペレーション・コンソールに 2 回デプロイします。
FWLSE3077W アダプター「{0}」は以前のデプロイメントから変更されていないため、デプロイされませんでした。

{0} はアダプター名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、全く同じ (正しい) アダプターをオペレーション・コンソールに 2 回デプロイします。
FWLSE3078W 環境が「{1}」およびバージョンが「{2}」のアプリケーション「{0}」用の wlapp ファイルにサムネール・ファイルが含まれていません。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{1} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {2} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。
FWLSE3079W アプリケーション・バージョンとランタイム・バージョンはいずれも 6.0 よりも古い Worklight Studio バージョンでビルドされているため、環境「{3}」およびバージョン「{4}」のアプリケーション「{2}」が {0} ランタイムと同じ {1} バージョンでビルドされているかどうかを確認することができません。 両方が 同じバージョンの{1} でビルドされていることを確認してください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。{2} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{3} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {4} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、Worklight Studio 5.0.6 以前で wlapp をビルドし、MobileFirst Server 7.1 にデプロイします。
FWLSE3080W アダプター・バージョンとランタイム・バージョンはいずれも 6.0 よりも古い Worklight Studio バージョンでビルドされているため、アダプター「{2}」が {0} ランタイムと同じ {1} バージョンでビルドされているかどうかを確認することができません。 両方が 同じバージョンの{1} でビルドされていることを確認してください。

{0} は「MobileFirst」という単語です。{1} は studio の名前、例えば「MobileFirst Studio」です。{2} はアダプター名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、Worklight Studio 5.0.6 以前でビルドされたアダプターを MobileFirst Server 7.1 にデプロイします。
FWLSE3081E 環境「{0}」ではアプリケーションの真正性検査はサポートされていません。 iOS および Android 環境のみがサポートされています。

{0} はアプリケーション環境: android、ios、… です。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、真正性検査が有効な Android アプリケーションを編集して環境を変更し、デプロイします。
FWLSE3082E ファイル「{0}」のコンテンツが空なので、デプロイできません。

{0} はファイル名です。
FWLSE3084E 必須のアダプター XML ファイルが含まれていないため、アダプター・ファイルをデプロイできません。 正しくビルドされたことを確認してください。

再現するためのステップ:
XML ファイルが含まれていないアダプターをデプロイします。
FWLSE3085E 必須の「{0}」ファイルが含まれていないため、アプリケーション・ファイルをデプロイできません。 正しくビルドされたことを確認してください。

再現するためのステップ:
meta/deployment.data ファイルが含まれていない wlapp をデプロイします。
FWLSE3090E トランザクションが完了していません。 アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

再現するためのステップ:
困難。 理論上、トランザクションが不明な理由で 30 分間停止した場合に発生します。
FWLSE3091W トランザクション {0} の処理が失敗しました。 アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

{0} はトランザクション ID (通常は番号) です。

再現するためのステップ:
困難。 トランザクションの実行中にランタイムをシャットダウンすることによって再現できる場合があります。
FWLSE3092W トランザクション {0} は、トランザクションの処理が開始される前に取り消されました。 アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

{0} はトランザクション ID (通常は番号) です。

再現するためのステップ:
困難。これは、複数のデプロイメント・トランザクションを作成し、そのうちの 1 つ以上のトランザクションがまだ処理されていないときにサーバーをシャットダウンした場合に発生します。 サーバーを再始動すると、未処理のトランザクションは取り消されます。
FWLSE3100W バイナリー・リソース {3} にアクセスできません。 HTTP 範囲要求 {0}-{1} を満たすことができません。 コンテンツの最大の長さは {2} バイトです。

{0} は、例えば 0 など、バイト範囲の始まりです。{1} は、例えば 6666 など、バイト範囲の終わりです。{2} は使用可能なバイト数、例えば 25 などです。{3} はリソース名 (ファイル名など) です。
FWLSE3101W {0} バージョン {4} でビルドされたアプリケーション {1}、環境 {2}, バージョン {3} は、{0} バージョン {5} でビルドされた環境でオーバーライドされました。

{0} は studio の名前:「MobileFirst Studio」です。{1} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。{2} はアプリケーション環境: android、ios、… です。 {3} はアプリケーション・バージョン: 1.0、2.0、… です。 {4} は studio のバージョン、例えば 3.0 などです。 {5} は studio の別のバージョン、例えば 4.0 などです。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、Studio の 2 つの異なるバージョンでビルドされたアプリケーションが必要であり、かつそれらは同じバージョン番号および同じ環境のアプリケーションである必要があります。 それら両方のアプリケーションを同じサーバーにデプロイした場合にメッセージが発生する可能性があります。 しかし、メッセージは他のメッセージで隠れてしまう可能性があります。 著者はメッセージを確認できませんでした。
FWLSE3102W アプリケーション {0} では、プッシュ通知が使用不可になっています。

{0} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。
FWLSE3103E ランタイム {1} の アプリケーション {2} に対するプッシュ通知タグ {0} は見つかりませんでした。

{0} はプッシュ通知タグ (任意のストリング値) です。{1} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。{2} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
単体テストでのみ発生します。
FWLSE3104E ランタイム {1} の アプリケーション {2} に対するプッシュ通知タグ {0} は既に存在します。

{0} はプッシュ通知タグ (任意のストリング値) です。{1} はランタイムの名前 (任意のストリング値) です。{2} はアプリケーション名 (任意のストリング値) です。

再現するためのステップ:
困難。
FWLSE3105W {0} のプッシュ通知証明書の有効期限が切れました。

{0} はプッシュ・メディエーターの名前 (任意のストリング値)です。

再現するためのステップ:
困難。
FWLSE3113E ランタイム {0} の同期中に複数のエラーが発生しました。

再現するためのステップ:
困難。 理論上これは、ファームのセットアップ (マルチノードのセットアップ) において、サーバーの始動時に個々のノードでさまざまなエラーが報告された場合に発生します。
FWLSE3199I ========= {0} バージョン {1} が始動しました。

再現するためのステップ:
これは、サーバーの始動時にサーバー・ログで常に発生します。
FWLSE3210W アプリケーション {0} バージョン {2} の環境: {1} は、ネイティブ MobileFirst SDK の別のバージョンでデプロイされています。 MobileFirst SDK の別バージョンの既存クライアントでは、ダイレクト・アップデートを使用できなくなります。 ダイレクト・アップデートを引き続き使用するには、アプリケーションのバージョンを新しくし、そのバージョンを一般のアプリケーション・ストアで公開し、サーバーにデプロイして、(オプションで) お客様をアプリケーション・ストアから新規バージョンに強制的にアップグレードさせるために、アプリケーションの古いバージョンをブロック/通知します。

再現するためのステップ:
困難。 理論上、古い MobileFirst Studio と、また別の古い Mobile First SDK を使用してアプリケーションが作成された場合に発生する可能性があります。 しかし、著者はネイティブ MobileFirst SDK バージョンに精通していません。
FWLSE3119E APNS 証明書の検証に失敗しました。 詳細については追加メッセージを参照してください。

再現するためのステップ:
困難。 Apple のプッシュ通知証明書が無効である場合に発生します。
FWLSE3120E この API を使用するには、アプリケーションを MobileFirst Platform 6.3 に移行する必要があります。 アプリケーションの現行バージョンは {0} です。

再現するためのステップ:
困難。 新規のプッシュ通知を古いアプリケーションで使用した場合に発生します。
FWLSE3121E この API は、サーバー上で使用不可になりました。 詳細については追加メッセージを参照してください。
FWLSE3122E アプリケーションの真正性検査ルールはサーバー内で変更できなくなりました。 真正性検査ルールを変更し、デプロイするためには、アプリケーションをビルドし直す必要があります。
FWLSE3123W アプリケーション {0} バージョン {2} の環境: {1} は、アプリケーションの拡張真正性が無効の状態でデプロイされています。 不正アプリケーションからさらに保護するために、アプリケーションの拡張真正性を使用することを推奨します。アプリケーションをデプロイする前に、mfpadm ツールの enable extended-authenticity コマンドを使用します。

再現するためのステップ:
オペレーション・コンソールで基本真正性を使用してアプリケーションをデプロイします。 7.0 より前のすべてのアプリケーションは、拡張真正性が含まれていないので、この警告または次の警告が発生するはずです。 Worklight Studio に組み込まれたオペレーション・コンソールを使用した場合、この警告は発生しません。
FWLSE3124W アプリケーション {0} バージョン {2} の環境: {1} は、アプリケーションの真正性が無効の状態でデプロイされています。 不正アプリケーションからさらに保護するためには、有効にしてください。

トークン・ライセンス・メッセージ

FWLSE3125E Rational Common Licensing のネイティブ・ライブラリーが見つかりませんでした。 JVM プロパティー (java.library.path) に正しいパスが定義されていて、ネイティブ・ライブラリーを実行できることを確認してください。 訂正後、IBM MobileFirst Platform Server を再始動します。

再現するためのステップ:
アプリケーション・サーバー構成に RCL ネイティブ・ライブラリーを指す JVM プロパティー (java.library.path) を設定しないままにします。 その場合、ランタイムの同期時にメッセージがスローされます。
FWLSE3126E Rational Common Licensing の共有ライブラリーが見つかりませんでした。 共有ライブラリーが構成されていることを確認してください。 訂正後、IBM MobileFirst Platform Server を再始動します。

再現するためのステップ:
アプリケーション・サーバー構成に RCL java ライブラリーを指す共有ライブラリー・パスを設定しないままにします。 その場合、ランタイムの同期時にメッセージがスローされます。
FWLSE3127E Rational License Key Server の接続が構成されていません。 admin JNDI プロパティー「{0}」および「{1}」が設定されていることを確認してください。 訂正後、IBM MobileFirst Platform Server を再始動します。

{0} はライセンス・サーバーのホスト名です。{1} はライセンス・サーバーのポートです。

再現するためのステップ:
アプリケーション・サーバー構成に (トークン・ライセンスに関連する) JNDI プロパティーを設定しないままにします。 その場合、ランタイムの同期時にメッセージがスローされます。
FWLSE3128E Rational License Key Server 「{0}」にアクセスできません。 ライセンス・サーバーが稼働していて、 IBM MobileFirst Platform Server にアクセスできることを確認してください。 このエラーがランタイムの開始時に発生した場合は、訂正後、IBM MobileFirst Platform Server を再始動します。

{0} はライセンス・サーバーの絶対アドレスです。

再現するためのステップ:
ライセンス・サーバーを始動しないでおきます。 その場合、ランタイムの同期時またはアプリケーションのデプロイ時にメッセージがスローされます。
FWLSE3129E フィーチャー「{0}」に対するトークン・ライセンスが不十分です。

{0} はライセンス・フィーチャーの名前です。

再現するためのステップ:
ライセンス・サーバーのすべてのライセンスを消費します。 その場合、ランタイムの同期時またはアプリケーションのデプロイ時にメッセージがスローされます。
FWLSE3130E フィーチャー「{0}」に対するトークン・ライセンスの有効期限が切れています。

{0} はライセンス・フィーチャーの名前です。

再現するためのステップ:
トークン・ライセンスの有効期限が切れるようにします。 その場合、ランタイムの同期時またはアプリケーションのデプロイ時にメッセージがスローされます。
FWLSE3131E ライセンス・エラーが検出されました。 詳細については、アプリケーション・サーバー・ログを確認してください。

再現するためのステップ:
困難。
FWLSE3132E Rational License Key Server への接続には、admin JNDI プロパティー「{0}」と「{1}」が構成されていますが、この IBM MobileFirst Platform Server では、トークン・ライセンスが使用不可になっています。

{0} はライセンス・サーバーのホスト名です。{1} はライセンス・サーバーのポートです。

再現するためのステップ:
トークン・ライセンスをアクティブにしないでおきます。 ただし、アプリケーション・サーバー構成には (トークン・ライセンスに関連する) JNDI プロパティーは設定します。 その場合、ランタイムの同期時にメッセージがスローされます。
FWLSE3133I このアプリケーションは使用不可です。 詳細については、管理者にお問い合わせください。

再現するためのステップ:
トークン・ライセンスの有効期限が切れるようにします。 その場合、すべてのアプリケーションが自動的に使用不可になり、デバイスからアプリケーションにアクセスすると、このメッセージが表示されます。
FWLSE3134E Rational Common Licensing のネイティブ・ライブラリーが見つかりませんでした。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3135E Rational Common Licensing の共有ライブラリーが見つかりませんでした。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3136E Rational License Key Server の詳細が構成されていません。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3137E Rational License Key Server「{0}」にアクセスできません。

{0} はライセンス・サーバーの絶対アドレスです。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3138E フィーチャー「{0}」に対するトークン・ライセンスが不十分です。

{0} はライセンス・フィーチャーの名前です。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3139E フィーチャー「{0}」に対するトークン・ライセンスの有効期限が切れています。

{0} はライセンス・フィーチャーの名前です。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3140E ライセンス・エラーが検出されました。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。
FWLSE3141E Rational License Key Server の詳細は構成されています。

再現するためのステップ:
内部でデータベースに保存されます。 困難。

ファーム構成メッセージ

FWLSE3200W 同じ ID のサーバーがランタイム「{1}」にすでに登録されているため、サーバー「{0}」は新規ファーム・メンバーとして追加できません。 これは、稼働中の別のノードの JNDI プロパティーの mfp.admin.serverid が同じ値に設定されているか、サーバーを最後にシャットダウンしたときにサーバーの登録抹消が適切に行われなかった場合に発生することがあります。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、サーバー・ファームを誤って構成した場合に発生します。 サーバー・ファームは複数のコンピューター (ノード) で構成されます。 個々のコンピューターには ID (JNDI プロパティー mfp.admin.serverid) が必要になります。 全く同じ ID を 2 つの異なるノードに使用した場合、サーバー・ログにこのメッセージが表示されます。
FWLSE3201E ランタイム 「{1}」のファーム・メンバー「{0}」の登録抹消に失敗しました。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、サーバー・ファームを使用し、ファーム内の 1 つのノードをシャットダウンし、そのシャットダウン中に問題が発生した場合にサーバー・ログで発生する場合があります。
FWLSE3202E サーバー「{0}」のファーム・メンバーのリストの取得に失敗しました。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、サーバー・ファームで管理サービスをシャットダウンした場合にサーバー・ログで発生する場合があります。 管理サービスをシャットダウンする場合、ファーム・メンバーへの通知を行いますが、それにはファーム・メンバーのリストが必要になります。
FWLSE3203E ランタイム「{1}」のサーバー ID 「{0}」にファーム・ノードが登録されていません。
FWLSE3204W ノード「{0}」は到達不能です。このトランザクションはこのノードで実行されませんでした。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、1 つのファーム・ノードをネットワークから切断してしばらく待つと、サーバー・ファームで発生する場合があります。 サーバー・ログに表示されます。
FWLSE3205W サービス拒否モードのサーバー「{1}」にはランタイム「{0}」を配置できません。 ランタイムもシャットダウン中の場合はこの警告を無視できます。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、1 つのファーム・ノードをネットワークから切断してしばらく待つかサーバーをシャットダウンすると、サーバー・ファームで発生する場合があります。 ただし、通常の処理に加え、別の例外 (例えば OutOfMemory 例外) が発生する必要があります。
FWLSE3206E ランタイム「{1}」のサーバー「{0}」はまだ稼働中なので、サーバーを登録抹消することはできません。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、ファーム・ノードがまだ稼働中のときに、REST API を呼び出してそのファーム・ノードを削除することで再現できます。
FWLSE3207E サーバー ID 「{0}」のファーム・メンバーは到達不能です。 後でまた試行してください。

再現するためのステップ:
困難。 理論上は、 1 つのファーム・ノードをネットワークから切断し、wlapp をデプロイしようとすると、サーバー・ファームで発生する場合があります。 トランザクションは失敗し、エラー・ログ (UI からアクセス可能なトランザクション・ログ) でこのメッセージを確認できます。
FWLSE3208E 無効な状況コード「{0}」が返されました。 応答内容は「{1}」です。

再現するためのステップ:
これは、構成サービスの REST の呼び出しで予期しない状況コードが返された場合に発生します。
FWLSE3209E 構成サービスの呼び出し中に例外が発生しました。 例外メッセージは「{0}」です。

再現するためのステップ:
これは、構成サービス内の構成を処理する CRUD 操作で問題が発生した場合に発生することがあります。 これは汎用的な例外であり、複数のエラーをラップします。
FWLSE3210E エクスポートしようとしているリソース {0} は見つかりませんでした。
FWLSE3211E resourceInfos パラメーター {0} が正しく指定されていません。 パラメーターの値は リソース名||リソースタイプ の形式である必要があります。

MobileFirst Operations Console メッセージ

プレフィックス: FWLSE
範囲: 3300-3399

FWLSE3301E SSL 証明書に問題があります。 考えられる修正: アプリケーション・サーバーの証明書をトラストストアに入れます。 または、JNDI プロパティー {0} を {1} に定義します (実稼働環境では不可)。

再現するためのステップ:
困難。 サーバーで SSL をセットアップし、誤った SSL 証明書を使用した場合に発生します。 また特定の環境においては、自己署名証明書でも発生する場合があります。
FWLSE3302E ランタイム「{0}」の鍵ストアは、MobileFirst 管理データベースに存在しません。 データベースが破損している可能性があります。

再現するためのステップ:
鍵ストアが存在しない場合
FWLSE3303E Web リソース/真正性データのアプリケーション名「{0}」、環境「{1}」、およびバージョン「{2}」はデプロイされているアプリケーションと一致しません。

再現するためのステップ:
別のアプリケーション用に生成された Web リソースをアップロードします。
FWLSE3304E JNDI プロパティー「{0}」が設定されていません。 このサーバーではプッシュ・サービスが使用不可になっています。

再現するためのステップ:
正しくないプッシュ・サーバー URL を指定します。
FWLSE3305E 鍵ストアのエイリアスはヌルにすることはできません。

再現するためのステップ:
鍵ストアをアップロードし、パスワードとエイリアスのフィールドをスキップします。
FWLSE3306E 鍵ストアのパスワードはヌルにすることはできません。
FWLSE3307E この鍵ストアでエイリアス「{0}」は見つかりませんでした。
FWLSE3308E エイリアスのパスワードが一致しません。
FWLSE3309E エイリアスのパスワードはヌルにすることはできません。
FWLSE3310W サーバーにデプロイできるアプリケーションは「{0}」個までです。
再現するためのステップ:
JNDI プロパティー mfp.admin.max.apps で設定されている制限値を超えた数のアプリケーションをデプロイします。
Last modified on October 30, 2019