サーバー・サイドのログ収集

improve this page | report issue

概説

ロギングは、診断およびデバッグを容易にするために、API 呼び出しを使用してメッセージを記録するソース・コードの装備です。 MobileFirst Server は、どのログをリモート側で収集するかを制御する機能を提供します。 これにより、サーバー管理者はサーバー・リソースをさらにきめ細かく調整することができます。

ロギング・ライブラリーには通常、詳細度制御 (多くの場合、レベルと呼ばれる) があります。 詳細度の低い方から順に、ERROR、WARN、INFO、DEBUG です。

アダプター内のログ収集

基礎となるアプリケーション・サーバーのロギング・メカニズムで、アダプター内のログを表示できます。
WebSphere のフル・プロファイルおよび Liberty プロファイルでは、指定のロギング・レベルに応じて messages.log ファイルおよび trace.log ファイルが使用されます。

Java アダプターおよび JavaScript アダプターのチュートリアルで説明しているとおり、これらのログを Analytics コンソールに転送することもできます。

ログ・ファイルへのアクセス

Last modified on March 15, 2018